Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

detrend

timeseries オブジェクトからの平均値または最適な近似の減算

説明

tsout = detrend(tsin,method) は、指定した method を使用して timeseries の 2 次元データから平均値または最適な近似線を減算し、さらにすべての NaN 値を削除します。

tsout = detrend(tsin,method,ind) は、トレンド除去する列または行のインデックスを指定します。ind は、列方向のデータ (tsin.IsTimeFirsttrue) の列インデックスと行方向のデータ (tsin.IsTimeFirstfalse) の行インデックスを表す整数のベクトルです。

すべて折りたたむ

2 次元データをもつ timeseries オブジェクトを作成し、各列の平均値をデータから減算します。

A = magic(3)
A = 3×3

     8     1     6
     3     5     7
     4     9     2

tsin = timeseries(A,[1 2 3]);
tsout = detrend(tsin,'constant');
tsout.Data
ans = 3×3

     3    -4     1
    -2     0     2
    -1     4    -3

データの 2 列目と 3 列目のみを対象に、各列の平均値を減算します。

tscol = detrend(tsin,'constant',[2 3]);
tscol.Data
ans = 3×3

     8    -4     1
     3     0     2
     4     4    -3

入力引数

すべて折りたたむ

2 次元データを含む入力 timeseries。スカラーとして指定します。

データ型: timeseries

トレンド除去メソッド。次のオプションのいずれかとして指定します。

  • 'constant' — データから自動的に平均値を減算。

  • 'linear' — データから最適な近似線を減算。

行または列インデックス。正の整数値スカラーまたはベクトルとして指定します。ind は、列方向のデータ (tsin.IsTimeFirsttrue) の列インデックスと行方向のデータ (tsin.IsTimeFirstfalse) の行インデックスを表します。

データ型: double | single | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

R2006a より前に導入