Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

synchronize

2 つの timeseries オブジェクトを共通の時間ベクトルを使用して同期およびリサンプリングする

説明

[ts1,ts2] = synchronize(ts1,ts2,synchronizemethod) は、共通の時間ベクトルと指定されたメソッドを使用して、ts1ts2 を同期することによって 2 つの新しい timeseries オブジェクトを作成します。

[ts1,ts2] = synchronize(___,Name,Value) は、前述の構文で 1 つ以上の Name,Value のペアの引数によって指定された追加オプションで 2 つの新しい timeseries オブジェクトを作成します。

すべて折りたたむ

2 つの timeseries オブジェクトを作成し、ts1.timeinfo.StartDatets2.timeinfo.StartDate の 1 日後になるようにします。

ts1 = timeseries([1 2],[datestr(now); datestr(now+1)]);
ts2 = timeseries([1 2],[datestr(now-1); datestr(now)]);

ts1.timeinfo.StartDatets2.timeinfo.StartDate と一致するように変更し、ts1.Time を 1 に変更します。

[ts1 ts2] = synchronize(ts1,ts2,'union');

次のコマンドは、ts1.timeinfo.StartDate を保持し、ts1.Time を 0 のままにします。

[ts1 ts2] = synchronize(ts1,ts2,'union','KeepOriginalTimes',true);

入力引数

すべて折りたたむ

1 番目の入力 timeseries。スカラーとして指定します。

データ型: timeseries

2 番目の入力 timeseries。スカラーとして指定します。

データ型: timeseries

同期方法。次のオプションのいずれかとして指定します。

  • 'Union' — 時間ベクトル ts1ts2 がオーバーラップする時間範囲で、この 2 つの時間ベクトルの結合である時間ベクトルを使用し、timeseries オブジェクトをリサンプリングします。

  • 'Intersection' — 時間ベクトル ts1 および ts2 の共通部分となる時間ベクトルで、timeseries オブジェクトをリサンプリングします。

  • 'Uniform' — 以下の追加引数を必要とします。

    [ts1,ts2] = synchronize(ts1,ts2,'Uniform','Interval',value)
    

    このメソッドは、等間隔の時間ベクトルで時系列をリサンプリングします。ここで value には、2 つの連続したサンプルの時間間隔を指定します。等間隔の時間ベクトルは、ts1ts2 の時間ベクトルの共通部分です。間隔の単位は、ts1ts2 のうち小さい単位です。

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: [ts1,ts2] = synchronize(ts1,ts2,'tolerance',1e-13)

同期処理で使用する内挿法。線形内挿の場合は 'linear'、ゼロ次ホールドの場合は 'zoh' を指定します。また、内挿法にはユーザー定義の内挿法が格納された tsdata.interpolation オブジェクトを指定することもできます。

特性コード。[] または -128 ~ 127 の範囲の整数のスカラー、ベクトル、または多次元配列として指定します。

  • 特性コードの値がベクトルの場合は、時間ベクトルと同じ長さでなければなりません。各要素は、対応するデータ サンプリングに適用されます。

  • 特性コードの値が配列の場合は、データ配列と同じサイズでなければなりません。各要素は、データ配列の対応するデータ要素に適用されます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

元の時間ベクトル。元の時間値を保持する場合は true、別の時間値を使用する場合は false を指定します。

データ型: logical

許容誤差。ts1ts2 の 2 つの時間値を識別するための許容誤差を定義する実数の数値スカラーとして指定します。たとえば、ts1 の 6 番目の時間値が 5+(1e-12) で、ts2 の 6 番目の時間値が 5-(1e-13) の場合、既定の設定では両方とも 5 として扱われます。これらの 2 つの時間を識別するには、'tolerance'1e-15 のようなより小さい値に設定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

出力引数

すべて折りたたむ

同期およびリサンプリングされた 1 番目の出力 timeseries。スカラーとして指定します。

データ型: timeseries

同期およびリサンプリングされた 2 番目の出力 timeseries。スカラーとして指定します。

データ型: timeseries

R2006a より前に導入