Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

領域固有の深層学習用途のためのデータの前処理

データの前処理は、学習、検証、および推論に使用されます。前処理は、目的のデータの特徴を正規化または強調する一連の確定的な演算で構成されます。たとえば、固定された範囲にデータを正規化したり、ネットワーク入力層に必要なサイズにデータを再スケーリングできます。

深層学習のワークフローでは、前処理は 2 つの段階で発生することがあります。

  • 通常、前処理は、ネットワークに渡されるデータを準備する前に完了する個別の手順として発生します。元のデータを読み込み、前処理演算を適用して、結果をディスクに保存します。この方法の利点は、前処理のオーバーヘッドが必要になるのは 1 回のみで、その後ネットワークの学習を試行する際には前処理されたイメージが開始点として既に用意されていることです。

  • データをデータストアに読み込むと、関数 transform および関数 combine を使用して、学習中に前処理を適用することもできます。詳細については、深層学習用のデータストアを参照してください。変換後のイメージはメモリに格納されません。この方法は、前処理演算に大量の計算が必要ではなく、ネットワークの学習速度に顕著な影響を与えない場合に、学習データの 2 つ目のコピーをディスクに書き込むことを回避するのに便利です。

データ拡張は、ネットワークの学習中に学習データに適用されるランダム化された演算で構成されます。拡張を行うと、学習データの実質的な量が増加し、ネットワークをデータの一般的な歪みに対して不変にするのに役立ちます。たとえば、学習データに人工的なノイズを追加してネットワークをノイズに対して不変にすることができます。

学習データを拡張するには、まずデータをデータストアに読み込みます。詳細については、深層学習用のデータストアを参照してください。いくつかの組み込みデータストアは、特定の用途の場合に特定の限られた拡張をデータに適用します。関数 transform および関数 combine を使用して、データストア内のデータに対して独自の拡張演算を適用することもできます。学習中、データストアによって各エポックの学習データにランダムに摂動が与えられるため、エポックごとにわずかに異なるデータセットが使用されます。

イメージ処理の使用例

イメージ データを拡張し、イメージの取得時のばらつきをシミュレーションします。たとえば、最も一般的なタイプのイメージ拡張演算は、シーンに対するカメラの向きのばらつきをシミュレーションする、回転や平行移動などの幾何学的変換です。色のジッターは、シーンでのライティング条件と色のばらつきをシミュレーションします。人工的なノイズは、センサーの電気変動およびアナログからデジタルへの変換の誤差によって生じる歪みをシミュレーションします。ブレは、フォーカスの合っていないレンズまたはシーンに対するカメラの動きをシミュレーションします。

一般的なイメージ前処理演算には、ノイズ除去、エッジ保存平滑化、色空間変換、コントラスト強調、モルフォロジーなどがあります。

Image Processing Toolbox™ がある場合、これらの演算とツールボックスのその他の機能を使用して、データを処理できます。これらの変換を作成および適用する方法を説明する例については、深層学習ワークフローのための Image Processing Toolbox を使用したイメージ拡張を参照してください。

前処理のタイプ説明関数のサンプル出力のサンプル
イメージのサイズ変更固定の倍率、または目標のサイズにイメージのサイズを変更する

イメージのワープランダムな反転、回転、スケール、せん断、および平行移動をイメージに適用する

イメージのトリミング中心またはランダムな位置からイメージを目標のサイズにトリミングする

色のジッターイメージの色相、彩度、明度、またはコントラストをランダムに調整する

ノイズのシミュレーションランダムなガウス ノイズ、ポアソン ノイズ、ごま塩ノイズ、または乗法性ノイズを追加する

ブレのシミュレーションガウス ノイズまたは指向性運動によるブレを追加する

オブジェクトの検出

オブジェクト検出データは、イメージ、およびイメージ内のオブジェクトの位置と特性を示す境界ボックスで構成されます。

Computer Vision Toolbox™ がある場合、イメージ ラベラー (Computer Vision Toolbox) アプリとビデオ ラベラー (Computer Vision Toolbox) アプリを使用して、ROI に対話形式でラベルを付け、ニューラル ネットワークに学習させるためのラベル データをエクスポートできます。Automated Driving Toolbox™ がある場合、グラウンド トゥルース ラベラー (Automated Driving Toolbox) アプリを使用してラベル付きグラウンド トゥルース学習データを作成することもできます。

イメージを変換する場合、対応する境界ボックスに対して同一の変換を実行しなければなりません。Computer Vision Toolbox がある場合、表に示す演算を使用して境界ボックスを処理できます。これらの変換を作成および適用する方法を説明する例については、オブジェクト検出のための境界ボックスの拡張を参照してください。詳細については、深層学習を使用したオブジェクト検出入門 (Computer Vision Toolbox)を参照してください。

前処理のタイプ説明関数のサンプル出力のサンプル
境界ボックスのサイズ変更固定の倍率、または目標のサイズに境界ボックスのサイズを変更する

境界ボックスのトリミング中心またはランダムな位置から境界ボックスを目標のサイズにトリミングする

境界ボックスのワープ反転、回転、スケール、せん断、および平行移動を境界ボックスに適用する

セマンティック セグメンテーション

セマンティック セグメンテーション データは、イメージ、および categorical 配列として表される対応するピクセル ラベルで構成されます。

Computer Vision Toolbox がある場合、イメージ ラベラー (Computer Vision Toolbox) アプリとビデオ ラベラー (Computer Vision Toolbox) アプリを使用して、ピクセルに対話形式でラベルを付け、ニューラル ネットワークに学習させるためのラベル データをエクスポートできます。Automated Driving Toolbox がある場合、グラウンド トゥルース ラベラー (Automated Driving Toolbox) アプリを使用してラベル付きグラウンド トゥルース学習データを作成することもできます。

イメージを変換する場合、対応するピクセル ラベル付きイメージに対して同一の変換を実行しなければなりません。Image Processing Toolbox がある場合、表に示す関数、および categorical 入力をサポートするその他のツールボックス関数を使用して、ピクセル ラベル イメージを処理できます。これらの変換を作成および適用する方法を説明する例については、セマンティック セグメンテーションのためのピクセル ラベルの拡張を参照してください。詳細については、深層学習を使用したセマンティック セグメンテーション入門 (Computer Vision Toolbox)を参照してください。

前処理のタイプ説明関数のサンプル出力のサンプル
ピクセルのラベルのサイズ変更固定の倍率、または目標のサイズにピクセル ラベル イメージのサイズを変更する

ピクセル ラベルのトリミング中心またはランダムな位置からピクセル ラベル イメージを目標のサイズにトリミングする

ピクセル ラベルのワープランダムな反転、回転、スケール、せん断、および平行移動をピクセル ラベル イメージに適用する

信号処理の使用例

Signal Processing Toolbox™ では、信号のノイズ除去、平滑化、トレンド除去、およびリサンプリングを行うことができます。ノイズ、マルチパス フェージング、およびパルスやチャープなどの合成信号で学習データを拡張できます。信号ラベラー (Signal Processing Toolbox) アプリと labeledSignalSet (Signal Processing Toolbox) オブジェクトを使用して、ラベル付き信号セットを作成することもできます。これらの変換を作成および適用する方法を説明する例については、深層学習を使用した波形セグメンテーションを参照してください。

Wavelet Toolbox™ と Signal Processing Toolbox を使用すると、信号分類用途でイメージ入力として使用できる時系列データの 2 次元時間-周波数表現を生成できます。例については、ウェーブレット解析と深層学習を使用した時系列の分類を参照してください。同様に、信号データからシーケンスを抽出して LSTM ネットワークの入力として使用できます。例については、長短期記憶ネットワークを使用した ECG 信号の分類 (Signal Processing Toolbox)を参照してください。

Communications Toolbox™ には拡張された信号処理機能があり、通信システムの誤り訂正、インターリーブ、変調、フィルター処理、同期、およびイコライズを実行できます。これらの変換を作成および適用する方法を説明する例については、深層学習による変調の分類を参照してください。

表に示す関数、および各ツールボックスのその他の機能を使用して、信号データを処理できます。

前処理のタイプ説明関数のサンプル出力のサンプル
信号のクリーンアップ
  • 信号にメディアン フィルターまたは移動平均を適用する

  • 多項式トレンドの削除

  • 信号を新しい固定レートにリサンプリングする

信号のフィルター処理
  • IIR および FIR 信号のローパス、ハイパス、およびバンドストップ フィルター処理を実行する

  • IIR および FIR フィルターを設計する

  • IIR および FIR フィルターを適用する

信号の拡張
  • Communications Toolbox を使用して信号にホワイト ガウス ノイズを追加する

  • 信号の時間情報を調整し、Communications Toolbox を使用してマルチパス フェージングを実行する

  • 合成チャープと合成波形を追加する

  • awgn (Communications Toolbox)

  • chirp (Signal Processing Toolbox)square (Signal Processing Toolbox)rectpuls (Signal Processing Toolbox)sawtooth (Signal Processing Toolbox)

時間-周波数表現の作成スペクトログラム、スカログラム、および 1 次元信号のその他の 2 次元表現を作成する
  • pspectrum (Signal Processing Toolbox)xspectrogram (Signal Processing Toolbox)

  • fsst (Signal Processing Toolbox)ifsst (Signal Processing Toolbox)

  • stft (Signal Processing Toolbox)istft (Signal Processing Toolbox)

  • cwt (Wavelet Toolbox)

信号からの特徴の抽出瞬時周波数とスペクトル エントロピーを推定する

オーディオ処理の使用例

Audio Toolbox™ には、オーディオ処理、音声分析、および音響測定を行うためのツールが用意されています。これらのツールを使用して聴覚的な特徴を抽出し、オーディオ信号を変換します。ランダム化された、または確定的な時間スケーリング、時間ストレッチ、およびピッチ シフトでオーディオ データを拡張します。Audio Labeler (Audio Toolbox) アプリを使用してラベル付きグラウンド トゥルース学習データを作成することもできます。次の表に示す関数、およびツールボックスのその他の機能を使用して、オーディオ データを処理できます。これらの変換を作成および適用する方法を説明する例については、Augment Audio Dataset (Audio Toolbox)を参照してください。

前処理のタイプ説明関数のサンプル出力のサンプル
オーディオ データの拡張ランダムまたは確定的なピッチ シフト、時間-スケール変更、時間シフト、ノイズの追加、ボリューム コントロールを実行する

オーディオの特徴の抽出オーディオ セグメントからスペクトル パラメーターを抽出する

処理された出力:

ans = struct with fields:
                mfcc: [1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13]
           mfccDelta: [14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26]
      mfccDeltaDelta: [27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39]
    spectralCentroid: 40
               pitch: 41

時間-周波数表現の作成メル スペクトログラム、およびオーディオ信号のその他の 2 次元表現を作成する

テキスト分析

Text Analytics Toolbox™ には、装置のログ、ニュース フィード、アンケート、オペレーター レポート、ソーシャル メディアなどのソースからの生テキストを処理するツールが含まれています。これらのツールを使用して、一般的なファイル形式からのテキストの抽出、生テキストの処理、個々の単語やマルチワード フレーズ (n-gram) の抽出、テキストから数値表現への変換、統計モデルの作成を行います。次の表に示す関数、およびツールボックスのその他の機能を使用して、テキスト データを処理できます。開始方法を示す例については、Prepare Text Data for Analysis (Text Analytics Toolbox)を参照してください。

前処理のタイプ説明関数のサンプル出力のサンプル
テキストのトークン化 テキストを解析して単語と句読点にする

元の出力:

"A few tree limbs greater than 6 inches down on HWY 18 in Roseland."

処理された出力:

15 tokens: A few tree limbs greater than 6 inches down on HWY 18 in Roseland .

テキストのクリーンアップ
  • 語形と大文字小文字のばらつきを除去する

  • 句読点を除去する

  • ストップ ワード、短い単語、および長い単語を除去する

処理された出力:

15 tokens: a few tree limb great than 6 inch down on hwy 18 in roseland .

14 tokens: a few tree limb great than 6 inch down on hwy 18 in roseland

8 tokens: few tree limb great inch down hwy roseland

参考

| | | |

関連するトピック