Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

randomCropWindow3d

ランダムな直方体のトリミング ウィンドウの作成

説明

win = randomCropWindow3d(inputSize,targetSize) は、トリミングしたイメージのサイズが targetSize になるように、サイズが inputSize の 3 次元入力イメージからウィンドウをトリミングします。ウィンドウの座標は入力イメージ内の位置からランダムに選択されます。

すべて折りたたむ

3 次元 MRI ボリュームを読み取ります。関数 squeeze を使用して、大きさが 1 の次元を削除します。

load mri;
D = squeeze(D);

ボリュームを表示パネルに表示します。

fullViewPnl = uipanel(figure,'Title','Original Volume');
volshow(D,'Parent',fullViewPnl);

トリミング ウィンドウのターゲット サイズを指定します。

targetSize = [64 64 10];

ランダムに選択した位置で入力ボリュームをトリミングするランダムなトリミング ウィンドウを作成します。

win = randomCropWindow3d(size(D),targetSize);

ランダムなトリミング ウィンドウを使用してボリュームをトリミングします。

Dcrop = imcrop3(D,win);

トリミングされたボリュームを表示パネルに表示します。

fullViewPnl = uipanel(figure,'Title','Cropped Volume');
volshow(Dcrop,'Parent',fullViewPnl);

入力引数

すべて折りたたむ

入力イメージのサイズ。次のいずれかに指定します。

入力イメージのタイプinputSize の形式
3 次元グレースケール イメージまたはバイナリ イメージ[height width depth] 形式の正の整数の 3 要素ベクトル。
3 次元 RGB イメージまたはマルチスペクトル イメージ[height width depth channels] 形式の正の整数の 4 要素ベクトル。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

ターゲット イメージのサイズ。次のいずれかに指定します。

ターゲット イメージのタイプtargetSize の形式
3 次元グレースケール イメージまたはバイナリ イメージ[height width depth] 形式の正の整数の 3 要素ベクトル。
3 次元 RGB イメージまたはマルチスペクトル イメージ[height width depth channels] 形式の正の整数の 4 要素ベクトル。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

出力引数

すべて折りたたむ

トリミング ウィンドウ。Cuboid オブジェクトとして返されます。

R2019b で導入