最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージ ラベラー

イメージのコレクションでのグラウンド トゥルースのラベル付け

説明

イメージ ラベラー アプリを使って、イメージのシーケンスのグラウンド トゥルース データにラベルを付けることができます。アプリを使用してオブジェクト検出用の四角形の関心領域 (ROI) および セマンティック セグメンテーション用のピクセルに対話形式でラベルを付けることができます。ROI ラベルは、イメージ フレーム内のオブジェクトの位置を定義します。シーン ラベルは、イメージ フレーム全体に関連するラベルを定義および表します。ROI とピクセル セグメンテーション ラベルを使用して、自動車、歩行者、車線マーカーなどのオブジェクトをマークします。シーン ラベルは、晴れや曇りなどのシーン状態をマークしたり、交差点などのイベントをマークするために使用できます。オブジェクト検出用の ROI、セマンティック セグメンテーション用のピクセル ラベル、およびイメージ分類用のシーン ラベルを使用できます。

アプリはデータを groundTruth オブジェクトとしてエクスポートします。groundTruth オブジェクトはグラウンド トゥルース データからのオブジェクト検出器の学習のために使用できます。イメージ ラベル付け用オートメーション アルゴリズムの作成も実行できます。

AutomationAlgorithm を作成して、イメージ ラベラーでカスタム ラベル オートメーション アルゴリズムを定義および実行できます。

イメージ ラベラー アプリを開く

  • MATLAB® ツールストリップ: [アプリ] タブで、[イメージ処理とコンピューター ビジョン] の下にあるアプリ アイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: imageLabeler と入力します。

プログラムによる使用

すべて展開する

imageLabeler でアプリが開き、イメージのグラウンド トゥルース データをラベル付けできます。

imageLabeler(imageFolder) でアプリが開き、imageFolder からすべてのイメージが読み込まれます。

imageLabeler(imgDatastore) でアプリが開き、imageDatastore オブジェクトからすべてのイメージを読み取ります。

imageLabeler(sessionFile) でアプリが開き、保存されたイメージ ラベラー セッション sessionFile が読み込まれます。sessionFile 入力には、パスとファイル名が含まれます。sessionFile がポイントする MAT ファイルには保存されたセッションが含まれます。