最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージ ラベラー

コンピューター ビジョン アプリケーションに使用するイメージのラベル付け

説明

イメージ ラベラー アプリを使って、イメージの集合のグラウンド トゥルース データにラベルを付けることができます。このアプリを使用して以下ができます。

イメージ ラベラー アプリは、imread でサポートされるすべてのイメージ ファイル形式をサポートしています。imread にファイル形式を追加するには、imformats を使用します。

このアプリの詳細については、イメージ ラベラー入門を参照してください。

イメージ ラベラー アプリを開く

  • MATLAB® ツールストリップ: [アプリ] タブで、[イメージ処理とコンピューター ビジョン] の下にあるアプリ アイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: imageLabeler と入力します。

プログラムによる使用

すべて展開する

imageLabeler でアプリの新しいセッションが開き、イメージのグラウンド トゥルース データをラベル付けできます。

imageLabeler(imageFolder) でアプリが開き、imageFolder という名前のフォルダーからすべてのイメージが読み込まれます。

フォルダーの中のイメージは、順序やサイズがばらばらになっている場合があります。ビデオまたはビデオに似た一連の順番付きイメージにラベルを付けるには、代わりにビデオ ラベラー アプリを使います。

imageLabeler(imageDatastore) でアプリが開き、imageDatastore オブジェクトからすべてのイメージを読み取ります。imageDatastore ファイルは imread を使用して読み取られます。たとえば、アプリを開いて一時停止標識イメージの集合を読み込む方法は以下です。

   stopSignsFolder = fullfile(toolboxdir('vision'),'visiondata','stopSignImages');
   imds = imageDatastore(stopSignsFolder)
   imageLabeler(imds)

imageLabeler(sessionFile) でアプリが開き、保存されたイメージ ラベラー セッション sessionFile が読み込まれます。sessionFile 入力には、パスとファイル名が含まれます。sessionFile がポイントする MAT ファイルには保存されたセッションが含まれます。

アルゴリズム

イメージ ラベラー アプリには、自動ラベリングに使用できる組み込みのアルゴリズムがあります。アプリのツールストリップで [アルゴリズムの選択] をクリックし、オートメーション アルゴリズムを選択します。

組み込みのオートメーション アルゴリズム説明

ACF 人物検出器

集約チャネル特徴 (ACF) に基づく事前学習済みの検出器を使用して人物を検出し、ラベル付けします。このアルゴリズムを使用すると、ROI ラベルを描画する必要はありません。

ACF 車両検出器 (Automated Driving Toolbox™ が必要)

ACF に基づく事前学習済みの検出器を使用して車両を検出し、ラベル付けします。このアルゴリズムを使用すると、ROI ラベルを描画する必要はありません。

R2018a で導入