最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

グラウンド トゥルース ラベルの概要の表示

イメージ ラベラービデオ ラベラーグラウンド トゥルース ラベラー (Automated Driving System Toolbox™ が必要) アプリを使用して、イメージの集合、ビデオ、イメージ シーケンスまたはカスタム データ ソースのグラウンド トゥルース データに対話形式でラベルを付けることができます。サポートされるデータ ソースの詳細については、ラベル付けアプリの選択を参照してください。

アプリの [ラベルの概要を表示] オプションを使用して、時間またはフレームにおける ROI ラベルやシーン ラベルのセッション分布を表示して比較できます。

ラベルの概要の表示

[ラベルの概要を表示] は、ROI ラベルとシーン ラベルに関するドッキング可能な分布グラフを作成します。

ROI ラベルについて、グラフは x 軸上の各タイム スタンプにおける ROI の数を y 軸上に表示します。視覚的な概要には、サブラベルとラベルの属性に関する情報は含まれません。

シーン ラベルについて、グラフは各タイムスタンプにおけるシーン ラベルの有無を表示します。ビデオの場合、x 軸は時間を秒で表します。イメージまたはカスタムのイメージのシーケンスの場合、x 軸はフレームを表します。グラフを使用して、時間の経過に伴うラベルの出現箇所を他のラベルとの関係に基づいて調査します。任意のグラフで黒色の垂直線をドラッグして、ビデオを別のタイムスタンプに移動します。

ピクセル ラベルについて、グラフは各ピクセル ラベルでラベル付けされたフレームの割合を表示します。

ラベルの概要ウィンドウをワークスペースにドッキングするには、[レイアウト][ラベル概要のドック] を選択します。

選択したラベルの比較

[選択したラベルの比較] オプションとチェック ボックスを使用して、選択的にラベルを比較します。比較用に選択した ROI ラベルは、単一のグラフに表示されます。

参考

アプリ

関数

関連するトピック