最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

グラウンド トゥルース データにラベルを付けるためのアプリの選択

Computer Vision Toolbox™ および Automated Driving Toolbox™ のアプリを使用して、グラウンド トゥルース データへのラベル付けができます。このラベル付けされたデータを使用して、イメージ分類器、オブジェクト検出器、セマンティック セグメンテーション ネットワークなどのアルゴリズムの検証や学習ができます。ラベル付けアプリの選択は、サポートされているデータ ソース、ラベルおよびオートメーションの種類など、いくつかの要素に応じて異なります。

主要な考慮事項の 1 つは、ラベル付けを行うデータの種類です。

  • データがイメージの集合である場合、イメージ ラベラー アプリを使用します。"イメージの集合" は、サイズがさまざまなイメージの順番付けのないセットです。たとえば、アプリを使用して、書籍のイメージにラベルを付け、分類器に学習させることができます。

  • データが単一のビデオまたはイメージ シーケンスである場合、ビデオ ラベラー アプリを使用します。"イメージ シーケンス" は、ビデオに似たイメージの順番付けされたセットです。たとえば、このアプリを使用して、高速道路を走行している車両のビデオまたはイメージ シーケンスにラベルを付け、オブジェクト検出器に学習させることができます。

  • ビデオ、イメージ シーケンス、または LIDAR の信号など、時間がオーバーラップした信号がデータに複数含まれている場合は、グラウンド トゥルース ラベラー (Automated Driving Toolbox) アプリを使用します。たとえば、車両に取り付けられた複数のセンサーによって取得した単一のシーンのデータにラベルを付けることができます。

次の表は、これらのラベル付けアプリの主な機能をまとめています。

ラベル付けアプリデータ ソースラベルのサポートオートメーション追加機能
イメージ ラベラー (Computer Vision Toolbox)
  • イメージの集合

  • 四角形の関心領域 (ROI)

  • 線 ROI

  • ピクセル ROI

  • サブラベル

  • 属性

  • シーン

  • 組み込みのオートメーション アルゴリズム

  • カスタム オートメーション アルゴリズム

  • ラベル付けされたデータの視覚的な概要を表示する

ビデオ ラベラー (Computer Vision Toolbox)
  • ビデオ

  • イメージ シーケンス

  • カスタム イメージ データ ソース

  • 四角形 ROI

  • 線 ROI

  • ピクセル ROI

  • サブラベル

  • 属性

  • シーン

  • 組み込みのオートメーション アルゴリズム

  • カスタム オートメーション アルゴリズム

  • 時間的オートメーション アルゴリズム

  • ラベル付けされたデータの視覚的な概要を表示する

グラウンド トゥルース ラベラー (Automated Driving Toolbox) (Automated Driving Toolbox)
  • ビデオ

  • イメージ シーケンス

  • カスタム イメージ データ ソース

  • 点群シーケンス (PCD または PLY ファイル)

  • Velodyne® LIDAR ファイル

  • rosbag (ROS Toolbox が必要)

  • 四角形 ROI

  • 直方体 ROI

  • 線 ROI

  • ピクセル ROI

  • サブラベル

  • 属性

  • シーン

  • 車両検出アルゴリズムや車線検出アルゴリズム、点群時間的内挿アルゴリズムなどの組み込みのオートメーション アルゴリズム

  • カスタム オートメーション アルゴリズム

  • 時間的オートメーション アルゴリズム

  • ラベル付けされたデータの視覚的な概要を表示する

  • LIDAR や CAN バス データといった時間同期信号を表示するために外部ツールをアプリに接続する

  • 追加のデータ ソースをサポートするために、読み込みインターフェイスをカスタマイズする

関連するトピック