Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

グラウンド トゥルース ラベラー入門

グラウンド トゥルース ラベラーアプリにより、ビデオ、イメージ シーケンス、または LiDAR 点群のグラウンド トゥルース データに対話的にラベルを付けることができます。このアプリを使用して、車両に取り付けられたカメラや LiDAR センサーから取得したデータなどの複数の信号に同時にラベルを付けることができます。

この例では、次のステップで多重信号のグラウンド トゥルースのラベル付けワークフローについて説明します。

  1. Load Ground Truth Signals to Label — 複数の信号をアプリに読み込み、各信号の表示を構成します。

  2. Label Ground Truth for Multiple Signals — ラベル定義を作成し、自動化アルゴリズムを使用して信号にラベルを付けます。

  3. Export and Explore Ground Truth Labels for Multiple Signals — アプリからラベルをエクスポートし、データを探索します。

これらのエクスポートしたラベルを関連信号フレームとともに深層学習アプリケーションの学習データとして使用できます。

関連するトピック