Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Automated Driving Toolbox

ADAS および自動運転システムの設計、シミュレーション、およびテスト

Automated Driving Toolbox™ は、ADAS および自動運転システムの設計、シミュレーション、およびテストを行うためのアルゴリズムとツールを提供します。ビジョンと LiDAR 知覚システムに加え、センサー フュージョン、パス プランニング、および車両コントローラーを設計してテストできます。可視化ツールには、センサー カバレッジ、検出、追跡のための鳥瞰図プロットとスコープが備わっており、ビデオ、LiDAR、マップを表示します。ツールボックスで HERE HD Live Map データと ASAM OpenDRIVE® 道路ネットワークをインポートして作業できます。

グラウンド トゥルース ラベラー アプリを使用して、グラウンド トゥルースのラベル付けを自動化し、知覚アルゴリズムを学習および評価できます。知覚、センサー フュージョン、パス プランニング、および制御ロジックのハードウェアインザループ (HIL) テストとデスクトップシミュレーションのために、ドライビング シナリオを生成してシミュレートできます。フォトリアリスティックな 3D 環境でカメラ、レーダー、および LiDAR センサー出力をシミュレートして、2.5D シミュレーション環境でオブジェクトと車線境界線のセンサー検出をシミュレートできます。

Automated Driving Toolbox には、前方衝突警告、自動緊急ブレーキ、アダプティブ クルーズ コントロール、車線逸脱防止支援、パーキング バレーなど、一般的な ADAS および自動運転機能のリファレンス アプリケーションの例が用意されています。ツールボックスでは、センサー フュージョン、追跡、パス プランニング、車両コントローラーのアルゴリズムのサポートとともに、ラピッド プロトタイピングと HIL テスト用に C/C++ コードの生成がサポートされています。

Automated Driving Toolbox 入門

Automated Driving Toolbox の基礎を学ぶ

ファイル I/O

外部ソースから自動車データを読み取り、可視化

グラウンド トゥルースのラベル付け

複数の信号の対話的なグラウンド トゥルースのラベル付け

シナリオ シミュレーション

シーンの作成、センサー データの生成、シミュレーション環境でのアルゴリズムのテスト

検出と追跡

カメラ センサー構成、ビジュアル知覚、LiDAR 処理、追跡、センサー フュージョン

自己位置推定と環境地図作成

SLAM、HERE HD Live Map データ解析、マップ可視化

計画と制御

ビークル コストマップ、最適な RRT* パス プランニング、横方向コントローラーと縦方向コントローラー

アプリケーション

自動運転アプリケーションの設計およびテストの例