Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

peopleDetectorACF

集約チャネル特徴を使用した人物の検出

説明

detector = peopleDetectorACF は、集約チャネル特徴 (ACF) を使用して事前学習済みの直立の人物検出器を返します。検出器は acfObjectDetector オブジェクトであり、INRIA Person データセットを使用して学習されています。

detector = peopleDetectorACF(name) は、指定されたモデル name に基づいて事前学習済みの直立の人物検出器を返します。

すべて折りたたむ

直立の人物検出器を読み込みます。

detector = peopleDetectorACF;

イメージを読み取ります。イメージ内の人物を検出します。

I = imread('visionteam1.jpg');
[bboxes,scores] = detect(detector,I);

境界ボックスと検出スコアを使用して、検出された人物に注釈を付けます。

I = insertObjectAnnotation(I,'rectangle',bboxes,scores);
figure
imshow(I)
title('Detected People and Detection Scores')

入力引数

すべて折りたたむ

ACF 分類モデル。'inria-100x41' または 'caltech-50x21' として指定します。'inria-100x41' モデルは、INRIA Person データセットを使用して学習されています。'caltech-50x21' モデルは、Caltech Pedestrian データセットを使用して学習されています。

出力引数

すべて折りたたむ

学習済みの ACF ベースのオブジェクト検出器。acfObjectDetector オブジェクトとして返されます。検出器は、イメージに含まれる直立の人物を検出するように学習されています。

参照

[1] Dollar, P., R. Appel, S. Belongie, and P. Perona. "Fast Feature Pyramids for Object Detection." IEEE Transactions on Pattern Analysis and Machine Intelligence. Vol. 36, Issue 8, 2014, pp. 1532–1545.

[2] Dollar P., C. Wojek, B. Shiele, and P. Perona. "Pedestrian Detection: An Evaluation of the State of the Art." IEEE Transactions on Pattern Analysis and Machine Intelligence. Vol. 34, Issue 4, 2012, pp. 743–761.

[3] Dollar, P., C., Wojek, B. Shiele, and P. Perona. "Pedestrian Detection: A Benchmark." IEEE Conference on Computer Vision and Pattern Recognition. 2009.

R2017a で導入