Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

peopleDetectorACF

集約チャネル特徴を使用した人物の検出

説明

detector = peopleDetectorACF は、集約チャネル特徴 (ACF) を使用して事前学習済みの直立の人物検出器を返します。検出器は acfObjectDetector オブジェクトであり、INRIA Person データセットを使用して学習されています。

detector = peopleDetectorACF(name) は、指定されたモデル name に基づいて事前学習済みの直立の人物検出器を返します。

すべて折りたたむ

直立の人物検出器を読み込みます。

detector = peopleDetectorACF;

イメージを読み取ります。イメージ内の人物を検出します。

I = imread('visionteam1.jpg');
[bboxes,scores] = detect(detector,I);

境界ボックスと検出スコアを使用して、検出された人物に注釈を付けます。

I = insertObjectAnnotation(I,'rectangle',bboxes,scores);
figure
imshow(I)
title('Detected People and Detection Scores')

Figure contains an axes object. The axes object with title Detected People and Detection Scores contains an object of type image.

入力引数

すべて折りたたむ

ACF 分類モデル。'inria-100x41' または 'caltech-50x21' として指定します。'inria-100x41' モデルは、INRIA Person データセットを使用して学習されています。'caltech-50x21' モデルは、Caltech Pedestrian データセットを使用して学習されています。

出力引数

すべて折りたたむ

学習済みの ACF ベースのオブジェクト検出器。acfObjectDetector オブジェクトとして返されます。検出器は、イメージに含まれる直立の人物を検出するように学習されています。

参照

[1] Dollar, P., R. Appel, S. Belongie, and P. Perona. "Fast Feature Pyramids for Object Detection." IEEE Transactions on Pattern Analysis and Machine Intelligence. Vol. 36, Issue 8, 2014, pp. 1532–1545.

[2] Dollar P., C. Wojek, B. Shiele, and P. Perona. "Pedestrian Detection: An Evaluation of the State of the Art." IEEE Transactions on Pattern Analysis and Machine Intelligence. Vol. 34, Issue 4, 2012, pp. 743–761.

[3] Dollar, P., C., Wojek, B. Shiele, and P. Perona. "Pedestrian Detection: A Benchmark." IEEE Conference on Computer Vision and Pattern Recognition. 2009.

バージョン履歴

R2017a で導入