ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

imresize3

3 次元ボリューム強度イメージのサイズ変更

構文

B = imresize3(V,scale)
B = imresize3(V,[numrows numcols numplanes])
B = imresize3(___,method)
B = imresize3(___,Name,Value)

説明

B = imresize3(V,scale) は、V のサイズの scale 倍のボリューム B を返します。入力ボリューム V は 3 次元ボリューム強度イメージ ("ボリューム" と呼ばれる) でなければなりません。既定の設定では、imresize3 は 3 次内挿を使用します。

B = imresize3(V,[numrows numcols numplanes]) は、3 要素ベクトル [numrows numcols numplanes] で指定された行数、列数および平面数をもつボリューム B を返します。

B = imresize3(___,method) は、method で使用される内挿法を指定し、ボリューム B を返します。

B = imresize3(___,Name,Value) は、Name,Value ペアで操作の特性を制御し、サイズ変更されたボリュームを返します。

すべて折りたたむ

MRI ボリュームをワークスペースに読み取ります。

s = load('mri');
mriVolumeOriginal = squeeze(s.D);
sizeO = size(mriVolumeOriginal);

ボリュームを可視化します。

figure;
slice(double(mriVolumeOriginal),sizeO(2)/2,sizeO(1)/2,sizeO(3)/2);
shading interp, colormap gray;
title('Original');

すべての次元のサイズを 2 分の 1 に縮小して、ボリュームのサイズを変更します。この例では、既定の内挿法とアンチエイリアシングを使用しています。

mriVolumeResized = imresize3(mriVolumeOriginal, 0.5);
sizeR = size(mriVolumeResized);

サイズ変更されたボリュームを可視化します。

figure;
slice(double(mriVolumeResized),sizeR(2)/2,sizeR(1)/2,sizeR(3)/2);
shading interp, colormap gray;
title('Resized');

入力引数

すべて折りたたむ

サイズを変更するボリューム。3 次元ボリューム強度イメージとして指定します。V は 3 次元の数値配列です。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32

倍率。数値スカラーとして指定します。サイズ変更後のボリュームを入力ボリュームより小さくするには、scale に 0 から 1.0 までの値を指定します。サイズ変更後のボリュームを入力ボリュームより大きくするには、scale に 1.0 を超える値を指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

出力イメージのサイズ。[rows columns planes] の形式で実数、正の数値の 3 要素ベクトルとして指定します。1 つの数値を指定し、その他 2 つの値を NaN として指定すると、imresize3 はその他の 2 要素を自動的に計算して縦横比を保持します。

データ型: single | double

内挿法。一般的なメソッドまたは名前付き内挿カーネルを識別する、次の表の値のいずれかを指定します。

メソッド説明

'nearest'

最近傍内挿

'linear'

線形内挿

'cubic'

3 次内挿

メモ

3 次内挿は、元の範囲外のピクセル値を生成します。

内挿カーネル説明
'box'箱型のカーネル
'triangle'三角のカーネル ('linear' と等価)
'lanczos2'Lanczos-2 カーネル
'lanczos3'Lanczos-3 カーネル

データ型: char | string

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value 引数のコンマ区切りペアを指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を、任意の順番で指定できます。

例: mriVolumeResized = imresize3(mristack, 0.5,'Antialiasing',false);

ボリューム縮小時のアンチエイリアシングの実行。'Antialiasing' と論理ブール値 true または false で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。既定値は内挿法に依存します。メソッドが最近傍 ('nearest') の場合、既定値は false です。その他すべての内挿法の場合、既定値は true です。

データ型: logical

内挿法。'Method' と string スカラーまたは文字ベクトルで構成されるコンマ区切りのペアで指定します。詳細については、method を参照してください。

データ型: char | string

出力ボリュームのサイズ。'OutputSize'[rows cols planes] の形式をもつ正の値の 3 要素数値ベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。詳細については、[numrows numcols numplanes] を参照してください。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

サイズ変更の倍率。正の値の数値スカラーまたは 3 要素ベクトルとして指定します。スカラーの場合、同じ倍率が各次元に適用されます。ベクトルの場合、行次元、列次元および平面次元の倍率がそれぞれ含まれます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

出力引数

すべて折りたたむ

サイズ変更されたボリューム。入力ボリュームと同じクラスの実数の非スパース数値配列として返されます。

R2017a で導入