ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

画像処理のコード生成

Image Processing Toolbox™ の特定の関数は C コードの生成に対応しています (MATLAB® Coder™ が必要)。コード生成で画像処理関数を使用するには、次の手順に従います。

  • MATLAB の関数を使用して、Image Processing Toolbox の関数またはアプリケーションを通常どおりに作成します。

  • コンパイラ命令 %#codegen を MATLAB コードに追加します。

  • MATLAB Coder アプリを開き、プロジェクトを作成して、作成したファイルをプロジェクトに追加します。このアプリでは、作成したコードでコード生成の準備が整っているかどうかをチェックできます。たとえば、コード生成に対応していない関数がコードに含まれている場合があります。コード生成に必要な変更を行います。

  • MATLAB Coder アプリの [コード生成] ページで [生成] をクリックして、コードを生成します。MEX ファイル、共有ライブラリ、ダイナミック ライブラリ、実行可能ファイルのいずれかを選択して生成できます。

    MATLAB Coder で特定された準備状態の問題がすべて解決済みであっても、ビルドに問題が発生する場合があります。準備状態のチェックでは、関数の依存関係のみを確認します。コードを生成しようとしたときに、コード生成でサポートされていない符号化パターンが MATLAB Coder によって検出される場合があります。エラー レポートを確認して、正常にビルドできるように MATLAB コードを変更します。

コード生成をサポートする Image Processing Toolbox の関数の完全な一覧については、コード生成をサポートする関数を参照してください。コード生成の使用例については、細胞検出のコード生成を参照してください。

共有ライブラリを使用したコード生成

Image Processing Toolbox の関数は、スタンドアロン C コード、またはプリコンパイルされたプラットフォーム固有の共有ライブラリに依存するコードを生成できます。

  • 一部の関数では、ARM プロセッサなど多数のプラットフォームで稼働するアプリケーションに組み込むことができるスタンドアロンの C コードを生成。

  • 一部の関数では、プラットフォーム固有の共有ライブラリを使用する C コードを生成。Image Processing Toolbox でこの共有ライブラリの方法を採用しているのは最適なパフォーマンスを維持するためですが、この場合、コードが実行できるのは MATLAB をホストできるプラットフォームのみに限定されます。ホスト プラットフォームの一覧は、システム要件を参照してください。

  • 一部の関数では、MATLAB Coder のコンフィギュレーション設定で選択したターゲットに応じて、スタンドアロンの C コードか共有ライブラリに依存するコードを生成。

    • 汎用の MATLAB Host Computer を選択した場合、これらの関数では共有ライブラリを使用するコードが生成されます。

    • その他のプラットフォーム オプションを選択した場合には、C コードが生成されます。

次の図は、C コードの生成と共有ライブラリを使用するコード生成の違いを説明しています。

関連する例

詳細