Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MATLAB Coder

MATLAB コードからの C コードまたは MEX 関数の生成

説明

MATLAB Coder アプリは、MATLAB® コードから C または C++ コードを生成します。次の生成が可能です。

  • MATLAB 以外の既存の C または C++ アプリケーションに統合可能な C または C++ ソース コード、スタティック ライブラリ、ダイナミック リンク ライブラリおよび実行可能ファイル。

  • 高速バージョンの MATLAB 関数のための MEX 関数。

ワークフローベースのユーザー インターフェイスでは、コード生成の手順をステップごとに進めることができます。アプリを使用すると以下のことができます。

  • プロジェクトを作成するか、既存のプロジェクトを開く。プロジェクトは入力ファイル、エントリポイント関数の入力の型およびビルド構成を指定します。

  • サポートされていない関数を含む、コード生成準備状態の問題をレビュー。

  • 実行時の問題について MATLAB 関数を確認。

  • 統合されたエディターを使用して MATLAB コードの問題を修正。

  • 浮動小数点 MATLAB コードを固定小数点 C コードに変換 (Fixed-Point Designer™ ライセンスが必要)。

  • 倍精度 MATLAB コードを単精度 C コードに変換 (Fixed-Point Designer ライセンスが必要)。

  • コメントを使用して、MATLAB コードから、生成された C または C++ ソース コードへトレース。

  • 静的コード メトリクスの確認 (Embedded Coder® ライセンスが必要)。

  • ソフトウェアインザループおよびプロセッサインザループの実行を使用した生成コードの数値的動作の検証 (Embedded Coder ライセンスが必要)。

  • MATLAB スクリプトの形式でプロジェクト設定をエクスポート。

  • 生成されたファイルへのアクセス。

  • MATLAB 以外に配布するために、生成されたファイルを 1 つの zip ファイルとしてパッケージ化。

アプリによってプロジェクトが作成されると、Embedded Coder 製品がインストールされている場合は Embedded Coder 機能が有効になります。Embedded Coder 機能が有効になると、コードの生成では Embedded Coder ライセンスが必要です。Embedded Coder 機能を無効にするには、プロジェクトのビルド設定の [すべての設定] タブの [詳細設定] で、[Embedded Coder 機能の使用][いいえ] に設定します。

MATLAB Coder アプリは MATLAB Online™ ではサポートされていません。

MATLAB Coder app

MATLAB Coder アプリを開く

  • MATLAB ツールストリップ: [アプリ] タブの [コード生成] の下で、アプリ アイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: coder と入力します。

プログラムによる使用

参考

アプリ

関数