Main Content

入力仕様

MATLAB® 関数の入力変数のプロパティの指定によるコード生成の有効化

コードの生成には、入力の型とプロパティの指定が必要です。コード ジェネレーターは入力情報を使用して、後続の変数定義のために作成する型、サイズおよびその他のプロパティを決定します。アプリ、コマンド ラインまたはコード生成の型エディターで coder.typeofcoder.varsize および assert などの関数を使用して、関数コードの外部または内部から入力仕様を実行します。セル、クラスおよびグローバルなどの特定の入力タイプの場合、入力仕様について他にも考慮する必要があります。

関数

coder.getArgTypesテスト ファイルを実行して、関数の入力引数の型を判断する
coder.newtypeエントリポイント関数の入力の型を表す coder.Type オブジェクトを作成
coder.resizecoder.Type オブジェクトのサイズ変更
coder.typeofエントリポイント関数の入力の型を表す coder.Type オブジェクトを作成
coder.varsize可変サイズのデータの宣言
coderTypeEditor[コード生成の型エディター] ダイアログを起動

クラス

coder.ArrayTypeMATLAB 配列のセットを表す
coder.CellTypeMATLAB cell 配列のセットを表す
coder.ClassTypeMATLAB クラスのセットを表します。
coder.Constantコード生成用の定数値の指定
coder.EnumTypeMATLAB 列挙のセットを表す
coder.FiTypeMATLAB 固定小数点配列のセットを表す
coder.PrimitiveType論理値、数値または文字の配列のセットを表す
coder.StructTypeMATLAB 構造体配列のセットを表す
coder.TypeMATLAB 値のセットを表す

オブジェクト

coder.OutputType入力の型として指定するエントリポイント関数からの出力の型

トピック

入力仕様の基礎

MATLAB Coder アプリ

cell 配列

値クラス

グローバル データ

定数データ

string スカラー