Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ビルド構成

出力ファイルの名前、場所、種類、言語などのビルド設定の構成

バイナリ コードを生成するビルド プロセスを制御および設定するには、多くのパラメーターや設定があります。これらの設定は、出力ビルドの種類 (MEX、lib、dll または exe) および C と C++ 言語などの属性を制御します。他のビルド設定により、可読性、パフォーマンスおよび外部コードの統合などの特定のニーズに応じて、ビルド出力をカスタマイズできます。アプリまたはコマンド ラインからコード生成構成オブジェクトのビルド オプションを変更できます。coder.config を使用して、構成オブジェクトを作成できます。open を使用して、編集アプリでオブジェクトを開きます。追加のビルド ファイルおよびフラグを関数コード内から指定するには、coder.updateBuildInfo を使用します。

クラス

target.Aliasターゲット機能オブジェクトの代替識別子の作成
target.LanguageImplementationC および C++ コンパイラの実装の詳細を提供
target.Objectターゲット機能クラスの基底クラス
target.Processorターゲット プロセッサ情報の提供
coder.ExternalDependency外部コードへのインターフェイス

関数

coder.configMATLAB Coder コード生成構成オブジェクトを作成する
coder.updateBuildInfoビルド情報オブジェクト RTW.BuildInfo の更新
target.addMATLAB メモリへのターゲット機能オブジェクトの追加
target.createターゲット機能オブジェクトの作成
target.exportターゲット機能のデータのエクスポート
target.getMATLAB メモリからのターゲット機能オブジェクトの取得
target.removeMATLAB メモリからのターゲット機能オブジェクトの削除
target.upgradeハードウェア デバイスの既存の定義のアップグレード

オブジェクト

coder.MexCodeConfigMATLAB からの MEX 関数生成用構成パラメーター
coder.CodeConfigMATLAB コードから C/C++ コードを生成するための構成パラメーター
coder.EmbeddedCodeConfigEmbedded CoderMATLAB コードから C/C++ コードを生成するための構成パラメーター
coder.HardwareImplementationMATLAB コードから C/C++ コードを生成するためのハードウェア固有の構成パラメーター
coder.hardwareMATLAB コードから C/C++ コード生成用ハードウェア ボード構成オブジェクトを作成します。
coder.ReplacementTypesC/C++ コード生成における MATLAB 組み込みデータ型のカスタム名を指定する構成パラメーター。

パッケージ

ターゲット新しいターゲット ハードウェアの登録

トピック

ビルド構成の基礎

ビルド設定の構成

ビルド構成パラメーターをコマンド ラインまたは MATLAB® Coder™ アプリで設定します。

ビルド プロセスのカスタマイズ

コード生成後のコンパイル前に発生するビルド プロセスの内容を制御します。

パスとファイル構造の設定

カスタム コードの場所を指定します。コード生成用の MATLAB コードで予約キーワードを使用しないでください。

ビルド構成設定の共有

プロジェクト設定をコード生成構成オブジェクトにエクスポートするか、設定をプロジェクトにインポートします。

符号付き整数のオーバーフローに関する C コンパイラの考慮事項

符号付き整数 C の演算から正確な結果を得るために、C コンパイラはオーバーフロー時にラップする動作を保持しなければなりません。

符号付き整数表現の要件

符号付き整数値について 2 の補数表現を使用するターゲットで生成されたコードをコンパイルします。

特定のビルド オプション

生成されたコードでの変数名の保持

生成されたコードで変数名を保持すると、生成された C/C++ コードの可読性が向上します。

MATLAB Coder が生成コードを分割する方法

ファイルの分割法を選択します。

標準の数学ライブラリの変更

算術演算の呼び出しの場合、コード ジェネレーターはビルド設定で指定する標準の数学ライブラリを使用します。

生成コードで使用されるデータ型の指定

組み込みの C の型または MathWorks® の事前定義された型を生成します。

出力タイプの変更

出力タイプを変更する際に設定を確認します。

新しいハードウェア デバイスの登録

新しいデバイスを登録することで、サポートされるハードウェアの範囲を拡大する。

トラブルシューティング

コンパイラとリンカーのエラー

ビルド中に発生するエラーの一般的な原因に対処します。