最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

target.Processor クラス

パッケージ: target

ターゲット プロセッサ情報の提供

説明

target.Processor クラスを使用して、ターゲット プロセッサに関する情報を提供します。たとえば、名前、製造元、言語実装などです。

target.Processor オブジェクトの作成には関数 target.create を使用します。

プロパティ

すべて展開する

オブジェクト識別子は、ManufacturerName プロパティ値をハイフンでつないだ組み合わせです。Manufacturer プロパティが空の場合、オブジェクト識別子は Name プロパティ値です。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private

関連付けられている target.LanguageImplementation オブジェクト。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

ターゲット プロセッサの名前。

例: 'Cortex-A53'

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

ターゲット プロセッサの製造元に関するオプションの説明。

例: 'ARM Compatible'

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

R2019a で導入