最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

新しいハードウェア デバイスの登録

MATLAB® Coder™ アプリの [ハードウェア] タブで、MATLAB ソフトウェアのターゲット ハードウェアとコンパイラ プロパティを記述するパラメーターを指定し、それにより、以下が可能になります。

  • 製品ハードウェアまたはテスト ハードウェア用に最適化されたコードを生成する。

  • 生成されたコードをターゲット ハードウェアで直接テストまたは配布する。

[ハードウェア] タブはターゲット ハードウェアの範囲をサポートします。範囲を拡大するには、target.Processor クラスと target.LanguageImplementation クラスを使用して新しいハードウェア デバイスを登録します。

新しいデバイスのハードウェア実行の指定

新しいハードウェア デバイスを登録するには、次を行います。

  1. 新しいハードウェア デバイス用の target.Processor オブジェクトを作成します。

    myProc = target.create('Processor', ...
                           'Name', 'MyProcessor', ...
                           'Manufacturer', 'MyManufacturer');

  2. 言語実装の詳細用の target.LanguageImplementation オブジェクトを作成します。

    myLanguageImplementation = target.create('LanguageImplementation', ...
                                             'Name', 'MyProcessorImplementation');
    

  3. 言語実装の詳細を指定します。

    myLanguageImplementation.Endianess = target.Endianess.Little;
     
    myLanguageImplementation.AtomicIntegerSize = 64;
    myLanguageImplementation.AtomicFloatSize = 64;
    myLanguageImplementation.WordSize = 64;
     
    myLanguageImplementation.DataTypes.Char.Size = 8;
    myLanguageImplementation.DataTypes.Short.Size = 16;
    myLanguageImplementation.DataTypes.Int.Size = 32;
    myLanguageImplementation.DataTypes.Long.Size = 64;
    myLanguageImplementation.DataTypes.LongLong.IsSupported = true;
    myLanguageImplementation.DataTypes.LongLong.Size = 64;
    myLanguageImplementation.DataTypes.Float.Size = 32;
    myLanguageImplementation.DataTypes.Double.Size = 64;
     
    myLanguageImplementation.DataTypes.Pointer.Size = 32;
      
    myLanguageImplementation.DataTypes.SizeT.Size = 64;
    myLanguageImplementation.DataTypes.PtrDiffT.Size = 64;

  4. 言語実装をハードウェア デバイスと関連付けます。

    myProc.LanguageImplementations = myLanguageImplementation;
    

  5. target.Processor オブジェクトを MATLAB メモリに保存します。

    target.add(myProc);

[ハードウェア] タブに、新しいデバイスが表示されます。

MATLAB セッションにわたって持続するハードウェア実装の指定

既定では、MATLAB メモリにターゲット機能オブジェクトを追加すると、ターゲット データは現在の MATLAB セッションでのみ使用できます。MATLAB セッションにわたるターゲット データの持続を指定できます。

  1. 新しいハードウェア デバイス用の target.Processor オブジェクトを作成します。

    myProc = target.create('Processor', ...
                           'Name', 'MyProcessor', ...
                           'Manufacturer', 'MyManufacturer');
    
    existingImplementation = target.get('LanguageImplementation', ... 
                                        'ARM Compatible-ARM Cortex'); 
    myProc.LanguageImplementations = existingImplementation;

  2. target.Processor オブジェクトを MATLAB メモリに保存して MATLAB セッションにわたるターゲット データの持続を指定します。

    target.add(myProc, 'UserInstall', true);

  3. オブジェクトを MATLAB メモリから削除できます。

    processorToRemove = target.get('Processor',...
                                   'MyManufacturer-MyProcessor');
    target.remove(processorToRemove );

既存の実行を変更することによる新しいハードウェア実行の作成

新しいハードウェア実行で必要な値のほとんどが既存のハードウェア実行に含まれている場合は、既存の実行のコピーを作成して変更することで、新しい実行を迅速に作成することができます。

  1. 新しいハードウェア デバイス用の target.Processor オブジェクトを作成します。

    myProc = target.create('Processor', ...
                           'Name', 'MyProcessor', ...
                           'Manufacturer', 'MyManufacturer');

  2. 既存の言語実装をコピーする target.LanguageImplementation オブジェクトを作成します。

    myCopiedImplementation = target.create('LanguageImplementation', ...
                                           'Name', 'MyCopiedImplementation', ...
                                           'Copy', 'Atmel-AVR');
    

  3. 必要な言語実装の詳細を指定します。たとえば、バイト順などです。

    myCopiedImplementation.Endianess = target.Endianess.Big;

  4. 言語実装をハードウェア デバイスと関連付けます。

    myProc.LanguageImplementations = myCopiedImplementation;

  5. target.Processor オブジェクトを MATLAB メモリに保存します。

    target.add(myProc);

既存の実行を再利用することによる新しいハードウェア実行の作成

ハードウェア デバイスで既存の実行と同じハードウェア実行が必要な場合、既存の実行を再利用できます。

  1. 新しいハードウェア デバイス用の target.Processor オブジェクトを作成します。

    myProc = target.create('Processor', ...
                           'Name', 'MyProcessor', ...
                           'Manufacturer', 'MyManufacturer');

  2. デバイス ベンダーとタイプについての識別子を使用することで、既存の実行を取得します (たとえば、'ARM Compatible-ARM Cortex')。

    existingImplementation = target.get('LanguageImplementation', ...
                                        'ARM Compatible-ARM Cortex');

  3. 言語実装をハードウェア デバイスと関連付けます。

    myProc.LanguageImplementations = existingImplementation;

  4. target.Processor オブジェクトを MATLAB メモリに保存します。

    target.add(myProc);

ハードウェア デバイス データの検証

ターゲット機能オブジェクトのデータの整合性を検証するには、IsValid プロパティを使用するか、ターゲット機能クラスには target.Object 基底クラスの validate メソッドを使用します。

target.Processor オブジェクトを作成して既存の言語実装をそのオブジェクトに関連付ける例について考えます。

myProcessor = target.create('Processor');
myProcessor.LanguageImplementations = target.get('LanguageImplementation', ...
                                                 'ARM Compatible-ARM Cortex');
作成されたオブジェクトを検証するには myProcessor.IsValid または myProcessor.validate() を実行します。
myProcessor.IsValid
ans =
  logical
  0
myProcessor.validate()
Error using target.Processor/validate
Target data validation failed.
* Undefined property "Name" in "Processor" object.
* Undefined identifier in "Processor" object.
これらの target.Processor プロパティが指定されていないため、検証は失敗します。

  • Name — プロセッサ名

  • Id — オブジェクト識別子

プロセッサ名を指定できます。これはオブジェクト識別子も指定します。

myProcessor.Name = 'MyProcessor';
myProcessor の有効性をチェックします。
myProcessor.IsValid
ans =
  logical
  1
オブジェクトの有効性が確立されます。

メモ

関数 target.add を使用してターゲット機能オブジェクトを登録するとき、ソフトウェアはオブジェクトの有効性もチェックします。

ハードウェア デバイス データのエクスポート

ハードウェア デバイス データをコンピューター間およびユーザー間で共有できます。

ハードウェア デバイスを指定します。

myProc = target.create('Processor', ...
                    'Name', 'MyProcessor', ...
                    'Manufacturer', 'MyManufacturer');
existingImplementation = target.get('LanguageImplementation', ...
                                 'ARM Compatible-ARM Cortex');
myProc.LanguageImplementations = existingImplementation;
関数 target.export を実行します。
target.export(myProc, 'FileName', 'exportMyProcFunction')
関数は exportMyProcFunction.m を現在の作業フォルダーに作成します。
function processor = exportMyProcFunction(varargin)
% This function was generated using target data export.

    % Create target.Processor 'MyManufacturer-MyProcessor'
    processor = target.create('Processor');
    processor.LanguageImplementations(1) = target.get('LanguageImplementation', 'ARM Compatible-ARM Cortex');
    processor.Manufacturer = 'MyManufacturer';
    processor.Name = 'MyProcessor';

    % Add the target objects to MATLAB memory
    target.add(processor, varargin{:});
生成された関数を使用して、ハードウェア デバイス データをコンピューター間およびユーザー間で共有します。exportMyProcFunction を実行すると、myProc オブジェクトが再作成され、そのオブジェクトが MATLAB メモリに追加されます。

ターゲット機能オブジェクトの代替識別子の作成

ターゲット機能オブジェクトの代替識別子を作成するには、target.Alias クラスを使用します。

たとえば、target.Processor オブジェクトのクラス識別子が長い場合、target.Processor オブジェクトの短い識別子を提供する target.Alias オブジェクトを作成できます。

  1. target.Processor オブジェクトを取得します。

    proccesorObj = target.get('Processor', ...
                              'Analog Devices-ADSP-CM40x (ARM Cortex-M)');

  2. target.Alias オブジェクトの作成には関数 target.create を使用します。

    aliasProcessorObj = target.create('Alias');

  3. 代替の識別子と元のターゲット機能オブジェクトの指定には target.Alias オブジェクト プロパティを使用します。

    aliasProcessorObj.Name = 'myShortName';
    aliasProcessorObj.For = proccesorObj;

  4. target.Alias オブジェクトを MATLAB メモリに保存します。

    target.add(aliasProcessorObj);
  5. 元の target.Processor オブジェクトを取得するには、以下を実行します。

    target.get('Processor', 'myShortName');

ハードウェア デバイスのデータ定義のアップグレード

rtwTargetInfo.m ファイルを通じて指定される既存のハードウェア デバイス定義をアップグレードするには、関数 target.upgrade を使用します。

rtwTargetInfo.m ファイル

ハードウェア デバイス定義が rtwTargetInfo.m ファイルにあるとします。

function rtwTargetInfo(tr)
  
    % Add registration function handle to the Target Registry
    tr.registerTargetInfo(@loc_register_hardware);
end
  
function hw = loc_register_hardware
    hw = RTW.HWDeviceRegistry;
    hw.Vendor = 'MyManufacturer';
    hw.Type = 'MyDevice';
    hw.Alias = {};
    hw.Platform = {'Prod', 'Target'};
    hw.setWordSizes([8 16 32 64 64 64 64 64 64 64 64]);
    hw.Endianess = 'Little';
    hw.IntDivRoundTo = 'Zero';
    hw.ShiftRightIntArith = true;
    hw.LargestAtomicInteger = 'Long';
    hw.LargestAtomicFloat = 'Double';
end

このファイルに含まれているデータ定義をアップグレードするには、次を実行します。

target.upgrade('rtwTargetInfo', 'myPathTo/rtwTargetInfo.m');
現在のフォルダーに、関数によってこの registerUpgradedTargets.m ファイルが作成されます。
function processor = registerUpgradedTargets(varargin)
% This function was generated using target data export.
  
    % Create target.LanguageImplementation 'MyManufacturer-MyDevice'
    languageimplementation = target.create('LanguageImplementation');
    languageimplementation.AtomicFloatSize = 64;
    languageimplementation.AtomicIntegerSize = 64;
    languageimplementation.DataTypes.Char.Size = 8;
    languageimplementation.DataTypes.Double.Size = 64;
    languageimplementation.DataTypes.Float.Size = 64;
    languageimplementation.DataTypes.Half.IsSupported = false;
    languageimplementation.DataTypes.Half.Size = 16;
    languageimplementation.DataTypes.Int.Size = 32;
    languageimplementation.DataTypes.Long.Size = 64;
    languageimplementation.DataTypes.LongLong.IsSupported = false;
    languageimplementation.DataTypes.LongLong.Size = 64;
    languageimplementation.DataTypes.Pointer.Size = 64;
    languageimplementation.DataTypes.PtrDiffT.Size = 64;
    languageimplementation.DataTypes.Short.Size = 16;
    languageimplementation.DataTypes.SizeT.Size = 64;
    languageimplementation.Name = 'MyManufacturer-MyDevice';
    languageimplementation.WordSize = 64;
  
    % Create target.Processor 'MyManufacturer-MyDevice'
    processor = target.create('Processor');
    processor.LanguageImplementations(1) = languageimplementation;
    processor.Manufacturer = 'MyManufacturer';
    processor.Name = 'MyDevice';
  
    % Add the target objects to MATLAB memory
    target.add(processor, varargin{:});
end

ハードウェア デバイスを MATLAB に登録するには、次を実行します。

registerUpgradedTargets()

登録を MATLAB セッションをわたって保持するようにするには、次を実行します。

registerUpgradedTarget('UserInstall', true)

参考

|