最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

target.upgrade

ハードウェア デバイスの既存の定義のアップグレード

説明

target.upgrade(upgraderForRegistrationMechanism, pathToRegistrationFile) はアップグレード プロシージャを使用して、現在のアーティファクトのデータ定義からオブジェクトを作成します。関数は registerUpgradedTargets.m を現在の作業フォルダーに作成します。

アップグレードされたデータ定義を MATLAB® に登録するには、registerUpgradedTargets() を実行します。

MATLAB セッションにわたって持続性を維持するために、registerUpgradedTargets('UserInstall', true) を実行します。

ハードウェア デバイス データの定義のアップグレード

関数を使用するワークフロー例については、ハードウェア デバイスのデータ定義のアップグレードを参照してください。

入力引数

すべて折りたたむ

現在の登録メカニズムに対するアップグレード プロシージャを選択します。

現在の登録メカニズムを含むファイルを指定します。

例: target.upgrade('rtwTargetInfo', 'myPath/mySubfolder/rtwTargetInfo.m')

R2019b で導入