Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コード生成

C/C++ および MEX コードの生成、エラーの修正、動作検証

C/C++ ソース コード、スタティック ライブラリ、ダイナミック ライブラリまたは実行可能ファイルを MATLAB® コードから生成するには、コード生成のワークフローに従います。MATLAB Coder™ アプリまたは codegen コマンドを使用してコードを生成し、検証します。

  • コードの生成
    コードの生成およびスタンドアロンのライブラリと実行可能ファイルのビルド
  • MATLAB コード解析
    C/C++ コード生成を妨げる MATLAB コードでの問題の特定と修正
  • 入力仕様
    MATLAB 関数の入力変数のプロパティの指定によるコード生成の有効化
  • 外部コードの統合
    MATLAB コードからの外部コードの呼び出し
  • ビルド構成
    出力ファイルの名前、場所、種類、言語などのビルド設定の構成
  • コード検証
    生成コードの動作検証、トレーサビリティ、コード生成レポート
  • コード置換
    コード置換ライブラリを使用した MATLAB コードから生成されるコードのカスタマイズ
  • 再呼び出し可能なコードの生成と呼び出し
    シングルスレッド環境またはマルチスレッド環境のための再呼び出し可能なコードの生成と呼び出し