最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コード検証

生成コードの動作検証、トレーサビリティ、コード生成レポート

コードの生成後、検証目的でソース コードと出力結果を検査します。コード生成レポートは、生成された C/C++ ソース ファイル、生成されたデータ型およびその他のコードの洞察を検証するための対話型のインターフェイスを提供します。レポート情報オブジェクトを使用して、コード生成レポートからの情報のサブセットにプログラムによりアクセスします。生成された MEX コードの出力を元の MATLAB® コードに対してテストしたり、MATLAB ユニット テスト クラスに基づいてカスタム テストを作成できます。コード生成中に発生するエラーに対して警告する実行時エラー チェックの生成を選択できます。

関数

codegenMATLAB コードから C/C++ コードを生成する
coder.configMATLAB Coder コード生成構成オブジェクトを作成する
coder.runTestMATLAB 関数の呼び出しを MEX 関数の呼び出しで置き換えてテストを実行する
getLineColumnコード生成に関連する MATLAB コードの最初と最後の位置の特定
coder.ignoreConst関数の特殊化の式における定数値の使用の防止
coder.ignoreSize定数サイズの式を対象とした関数の特殊化がコード ジェネレーターにより作成されるのを回避する

クラス

coder.HardwareImplementationMATLAB コードから C/C++ コードを生成するためのハードウェア固有の構成パラメーター

オブジェクト

coder.MexCodeConfigMATLAB からの MEX 関数生成用構成パラメーター
coder.CodeConfigMATLAB コードから C/C++ コードを生成するための構成パラメーター
coder.EmbeddedCodeConfigEmbedded CoderMATLAB コードから C/C++ コードを生成するための構成パラメーター

プロパティ

coder.ReportInfo のプロパティコード生成レポートの情報
coder.Summary のプロパティMATLAB コードからのコード生成の概要
coder.File のプロパティコード生成に関連する、テキストを含まないファイルの記述
coder.CodeFile のプロパティコード生成に関連する、テキストを含むファイルの記述
coder.Function のプロパティコード生成に使用された MATLAB 関数の記述
coder.Method のプロパティコード生成に使用された MATLAB クラスのメソッドの記述
coder.Message のプロパティコード生成時に生成されたメッセージの記述
coder.BuildLog のプロパティコード生成時に生成されたビルド ログ

トピック

コード生成レポート

コード生成レポート

コード生成結果の表示。

MATLAB ソース コードへの生成された C/C++ コードのトレース

トレーサビリティ タグの生成。

コード生成レポートの情報へのプログラムによるアクセス

入力ファイル、生成ファイル、エラー メッセージなどのコード生成に関する情報に、レポート情報オブジェクトを使用してアクセスします。

生成されたコードのテスト

MATLAB コードから生成されるコードのテスト

生成されたコードの数値的動作を検証する。

MATLAB Coder アプリでの MEX 関数の検証

元の MATLAB 関数の実行結果を MEX 関数の実行結果と比較します。

コマンド ラインでの MEX 関数の検証

coder.runTest オプションまたは codegen -test オプションを使用して MEX 関数をテストします。

MATLAB Coder による生成されたコードのユニット テスト

生成されたコードで MATLAB ユニット テストを実行します。

MATLAB Coder を使用した外部 C コードのユニット テスト

外部 C コードを統合する生成されたコード上で MATLAB ユニット テストを実行します。

ランタイム エラーの検出

スタンドアロン C/C++ コードでの実行時エラーの検出とレポート

範囲外の配列インデックスなど、実行時エラーを検出して報告するスタンドアロン ライブラリと実行可能ファイルを生成します。

実行時エラーを検出および報告するスタンドアロン コードの生成

ターゲット ハードウェアで発生したエラーを検出して修正します。

トラブルシューティング

生成されたコード内での重複関数の回避

生成されたコード内での重複関数の発生を軽減。

実行時スタック オーバーフロー

最大スタック使用量パラメーターの値を設定します。

注目の例