Main Content

MATLAB コード解析

C/C++ コード生成を妨げる MATLAB® コードでの問題の特定と修正

MATLAB コードからの C/C++ コード生成の成功は、コード生成の規則と制限への準拠に左右されます。たとえば、MATLAB コードでは、コード生成がサポートされている MATLAB 関数とツールボックス関数のみを使用しなければなりません。MATLAB コードの問題を特定して修正するために、C/C++ コード生成の前にコード アナライザーおよびコードの準備状態ツールを使用できます。MATLAB コードによって、予想どおりに動作する生成されたコードが作成されることを確認するには、MATLAB 環境で実行可能でありテスト可能な MEX 関数を生成して実行します。

関数

coder.runTestMATLAB 関数の呼び出しを MEX 関数の呼び出しで置き換えてテストを実行する
coder.screener関数がコード生成に適しているかどうか判別
getLineColumnコード生成に関連する MATLAB コードの最初と最後の位置の特定 (R2019a 以降)
textReportExport code generation readiness report to base workspace as a character vector (R2022a 以降)

プロパティ

coder.CallSite のプロパティ MATLAB コード内の関数呼び出しサイトに関する情報 (R2022a 以降)
coder.CodeFile のプロパティコード生成に関連する、テキストを含むファイルの記述 (R2019a 以降)
coder.File のプロパティコード生成に関連する、テキストを含まないファイルの記述 (R2019a 以降)
coder.Message のプロパティコード生成の準備状態の解析時またはコード生成時に生成されたメッセージの記述 (R2019a 以降)
coder.ScreenerInfo PropertiesCode generation readiness information (R2022a 以降)

トピック

MATLAB コードの解析の基礎

コード アナライザー

コードの準備状態ツール

MEX 関数テスト

トラブルシューティング