最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB コード解析

C/C++ コード生成を妨げる MATLAB® コードでの問題の特定と修正

MATLAB コードからの C/C++ コード生成の成功は、コード生成の規則と制限への準拠に左右されます。たとえば、MATLAB コードでは、コード生成がサポートされている MATLAB 関数とツールボックス関数のみを使用しなければなりません。MATLAB コードの問題を特定して修正するために、C/C++ コード生成の前にコード アナライザーおよびコードの準備状態ツールを使用できます。MATLAB コードによって、予想どおりに動作する生成されたコードが作成されることを確認するには、MATLAB 環境で実行可能でありテスト可能な MEX 関数を生成して実行します。

関数

codegenMATLAB コードから C/C++ コードを生成する
coder.runTestMATLAB 関数の呼び出しを MEX 関数の呼び出しで置き換えてテストを実行する
coder.screener関数がコード生成に適しているかどうか判別

トピック

MATLAB コードの解析の基礎

コード生成のために MATLAB コードを準備するワークフロー

C/C++ コード生成またはコード高速化のために MATLAB コードを準備します。

検出されたエラーの設計時の修正

コード アナライザーで検出されたエラーを修正します。

コード生成時に検出されたエラーの修正

コード生成レポートに表示されるエラーと警告を修正します。

デバッグ方法

コード生成に適さないコードを検出して修正する手法を選択します。

MATLAB Coder によって生成された MEX 関数の使用方法

MATLAB 関数を高速化したり、生成されたコードの機能と実行時の問題をテストしたりします。

コード アナライザー

コード アナライザーの使用

設計時に MATLAB コード違反がないかどうかチェックします。

コード アナライザーによるコードのチェック

MATLAB エディターで MATLAB コード違反をチェックします。

コードの準備状態ツール

コード生成の準備状態ツール

コード生成の準備状態ツール レポートを解釈します。

MATLAB Coder アプリでのコード生成の準備状態のスクリーニング

アプリにより MATLAB コードでサポートされていない機能と関数がスクリーニングされます。

コード生成の準備状態ツールを使ったコードのチェック

コマンド ラインで、現在のフォルダー ブラウザーまたはアプリから、コード生成の準備状態ツールを実行します。

MEX 関数テスト

MATLAB での MEX 関数のテストのワークフロー

C/C++ コードを生成する前に MEX 関数をテストします。

MATLAB で MEX 関数をテストする理由

MEX 関数をテストして、それが元の MATLAB コードと同じ機能を提供するかどうか検証します。

MATLAB Coder アプリを使用した MEX 関数の生成

MATLAB Coder™ アプリを使用して MEX 関数を生成するワークフローに従います。

コマンド ラインでの MEX 関数の生成

codegen を使用して MEX 関数を生成するワークフローに従います。

アプリを使用した実行時の問題の確認

生成されたスタンドアロン C/C++ コード内で発見しにくい問題を検出して修正します。

MEX 関数の実行

元の MATLAB 関数を呼び出す場合と同じ方法で MEX 関数を呼び出します。

MATLAB コードの行の実行回数の収集および表示

MATLAB コードで生成された MEX コードがテストでどの程度実行されているかを確認します。

実行時のエラーのデバッグ

生成された MEX 関数を使用して問題をデバッグします。

トラブルシューティング

コード生成の準備状態を判断できない場合

エントリポイント ファイルが見つからない場合、コード生成の準備状態ツールが失敗します。

MATLAB Coder プロジェクトを開くことができない

バックアップ プロジェクト ファイルを使用して以前のリリースの形式に戻します。

MATLAB Coder アプリにおける時間がかかる動作

コード生成の準備状態のスクリーニングを無効にします。