Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コード アナライザーの使用

MATLAB® エディターでコード アナライザーを使用して、設計時にコード違反がないかどうかチェックすることで、コンパイル エラーを低減できます。コード アナライザーは、コードの入力時にそれを常にチェックします。問題をレポートし、修正方法を提案します。

コード アナライザーを使用して、コード生成に関する MATLAB プログラミング固有の警告やエラーを特定するためには、MATLAB ファイルに %#codegen 命令 (またはプラグマ) を追加しなければなりません。コード生成アナライザー メッセージの全リストが、MATLAB コード アナライザー基本設定にあります。詳細は、コード アナライザー レポートの実行を参照してください。

メモ

コード アナライザーで、MATLAB コードにおけるコード生成に関するすべての準拠問題を検出できるわけではありません。コード アナライザーが検出したエラーや警告を解決したら MATLAB Coder™ でコードをコンパイルし、コードに準拠違反の問題が他にあるかどうかを調べてください。