Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コード生成の準備状態ツールを使ったコードのチェック

コード生成の準備状態ツールのコマンド ラインからの実行

  1. コード生成の準備状態をチェックするファイルを含むフォルダーに移動します。

  2. コマンド プロンプトで、次のように入力します。

    coder.screener('filename')

    filename という名前のファイルに対して [コード生成の準備状態] ツールが開きます。このツールはコード生成の準備状態のスコアと、コード生成の前に修正しなければならない問題の一覧を表示します。

現在のフォルダー ブラウザーからのコード生成の準備状態ツールの実行

  1. 現在のフォルダー ブラウザーで、コード生成の準備状態をチェックするファイルを右クリックします。

  2. コンテキスト メニューから [コード生成の準備状態をチェック] を選択します。

    選択したファイルに対して [コード生成の準備状態] ツールが開きます。コード生成の準備状態のスコアと、コード生成前に解決しなければならない問題の一覧が表示されます。

MATLAB Coder アプリを使用したコード生成の準備状態ツールの実行

エントリポイント ファイルをプロジェクトに追加した後、関数のコードの問題およびコード生成の準備状態が MATLAB® Coder™ アプリによって解析されます。問題が検出された場合は、[コード生成の準備状態の確認] ページが開きます。問題を確認して修正することができます。

コード生成の準備状態ツールを参照してください。

コード生成の準備状態ツールは、MATLAB Online™ ではサポートされていません。