Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

coder.CodeFile のプロパティ

コード生成に関連する、テキストを含むファイルの記述

coder.CodeFile のプロパティには、MATLAB® コードからのコード生成に関連するファイルのテキスト、パス、および拡張子が格納されます。coder.CodeFile のプロパティはすべて読み取り専用です。これらのプロパティのクエリにはドット表記を使用できます。

coder.CodeFile オブジェクトは直接は作成しません。coder.CodeFile オブジェクトは、コード生成に関連する、テキストを含む各ファイルについて、coder.ReportInfo オブジェクトに 1 つずつ格納されます。これらの coder.CodeFile オブジェクトは、コード生成レポートの情報を coder.ReportInfo オブジェクトにエクスポートしたときに自動的に作成されます。詳細については、coder.ReportInfo のプロパティ およびコード生成レポートの情報へのプログラムによるアクセスを参照してください。

テキストを含まないファイルの記述は coder.File オブジェクトに格納されます。coder.File のプロパティ を参照してください。

このプロパティは読み取り専用です。

MATLAB コードからのコード生成に関連するファイルのテキスト。文字ベクトルとして指定されます。

データ型: char

このプロパティは読み取り専用です。

MATLAB コードからのコード生成に関連する、テキストを含むファイルのパス。文字ベクトルとして指定されます。

例: 'C:\coder\R2019a\Report Info Object\foo.m'

データ型: char

このプロパティは読み取り専用です。

MATLAB コードからのコード生成に関連する、テキストを含むファイルの拡張子。文字ベクトルとして指定されます。

データ型: char

R2019a で導入