Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

デバッグ方法

コード検証を実行する前に、MATLAB® アプリケーション内で規則に従わないコードを検出し、訂正するためのデバッグ方法を選択してください。特に、これらのコードが互いの関数を呼び出す多くの MATLAB ファイルから構成されている場合は、デバッグ方法を確立しておくことが重要になります。以下の表では、2 つの一般的な方法についてそれぞれの長所と短所を示しています。

デバッグ方法何をすべきか長所短所

ボトムアップ検証

  1. 最下位のレベル (葉) の関数が適合していることを確認します。

  2. 関数階層をひとつひとつ上りながら各関数をコンパイルして確認し、最上位レベルの関数で終了します。

  • 効率

  • エラーが発生しにくい

  • コード生成の構文違反の切り分けが容易

最下位から作業するアプリケーション テストが必要

トップダウン検証

  1. 最上位レベルの関数が呼び出す関数を外部関数として宣言して、MATLAB Coder™ がそれらの関数をコンパイルしないようにします。MATLAB 関数の外部関数としての宣言を参照してください。

  2. 最上位レベルの関数が適合していることを確認します。

  3. 関数階層をひとつひとつ下りながら、外部関数宣言をひとつずつ削除しては各関数をコンパイルして確認し、最下位レベルの関数で終了します。

最上位レベルのテストを維持できる

以下のような、コードの検証後に削除しなければならない余分なコードが導入される

  • 外部宣言

  • 外部関数から返された不透明な値を不透明ではない値に変換するために必要な追加の代入ステートメント (mxArrays の利用を参照)