最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

coder.config

MATLAB Coder コード生成構成オブジェクトを作成する

説明

config_obj = coder.config は、MEX 関数を生成するときに codegen で使用する coder.MexCodeConfig コード生成構成オブジェクトを作成します。coder.MexCodeConfig オブジェクトは codegen コマンドの -config オプションで使用します。

config_obj = coder.config(build_type) は、MEX 関数またはスタンドアロン コード (スタティック ライブラリ、ダイナミック リンク ライブラリまたは実行可能プログラム) を生成するときに codegen で使用するコード生成構成オブジェクトを作成します。このコード生成構成オブジェクトは codegen コマンドの -config オプションで使用します。

config_obj = coder.config(build_type,'ecoder',ecoder_flag) は、ecoder_flagtruefalse かに応じて coder.EmbeddedCodeConfig オブジェクトまたは coder.CodeConfig オブジェクトを作成します。build_type'lib''dll'、または 'exe' です。

config_obj = coder.config(numeric_conversion_type) は、codegen で使用する次の構成オブジェクトを作成します。

  • 浮動小数点の MATLAB® コードから固定小数点の MATLAB コードまたは C/C++ コードを生成する場合は coder.FixptConfigcodegen コマンドの -float2fixed オプションで使用します。

  • 倍精度の MATLAB コードから単精度の MATLAB コードを生成する場合は coder.SingleConfig (Fixed-Point Designer)codegen コマンドの -double2single オプションで使用します。

固定小数点の変換や単精度の変換には Fixed-Point Designer™ が必要です。

すべて折りたたむ

コード生成に適した MATLAB 関数から MEX 関数を生成し、コード生成レポートを有効にします。

開区間 (0,1) 上の標準一様分布からランダムなスカラー値を生成する MATLAB 関数 coderand を作成します。

function r = coderand() %#codegen
% The directive %#codegen declares that the function
% is intended for code generation
r = rand();

コード生成構成オブジェクトを作成して、MEX 関数を生成します。

cfg = coder.config % or cfg = coder.config('mex')

コード生成レポートを開きます。

cfg.GenerateReport = true;

-config オプションを使用して構成オブジェクトを指定する MEX 関数を現在のフォルダーに生成します。

% Generate a MEX function and code generation report
codegen -config cfg coderand

スタンドアロン C スタティック ライブラリ用のコード生成構成オブジェクトを作成します。

cfg = coder.config('lib')
% Returns a coder.EmbeddedCodeConfig object if the Embedded 
% Coder product is installed. 
% Otherwise, returns a coder.CodeConfig object.

コード生成構成オブジェクトを作成して、スタンドアロン C ダイナミック ライブラリを生成します。

cfg = coder.config('dll')
% Returns a coder.EmbeddedCodeConfig object if the Embedded 
% Coder product is installed. 
% Otherwise, returns a coder.CodeConfig object.

コード生成構成オブジェクトを作成して、スタンドアロン C 実行可能ファイルを生成します。

cfg = coder.config('exe')
% Returns a coder.EmbeddedCodeConfig object if the Embedded 
% Coder product is installed. 
% Otherwise, returns a coder.CodeConfig object.

システムに Embedded Coder® 製品がインストールされている場合でも coder.CodeConfig オブジェクトを作成します。

cfg = coder.config('lib','ecoder',false)

Embedded Coder なしで coder.EmbeddedCodeConfig オブジェクトを作成します。

cfg = coder.config('lib','ecoder',true)

coder.FixptConfig オブジェクトを作成します。

fixptcfg = coder.config('fixpt');

coder.SingleConfig (Fixed-Point Designer) オブジェクトを作成します。

scfg = coder.config('single');

入力引数

すべて折りたたむ

構成オブジェクトのタイプ生成コードコード生成構成オブジェクト (Embedded Coder のインストールあり)コード生成構成オブジェクト (Embedded Coder のインストールなし)
'mex'MEX 関数coder.MexCodeConfigcoder.MexCodeConfig
'lib'スタティック ライブラリcoder.EmbeddedCodeConfigcoder.CodeConfig
'dll'ダイナミック ライブラリcoder.EmbeddedCodeConfigcoder.CodeConfig
'exe'実行可能ファイルcoder.EmbeddedCodeConfigcoder.CodeConfig

例: coder.config('mex');

データ型: char | string

'fixpt'

浮動小数点の MATLAB コードから固定小数点の MATLAB コードまたは C/C++ コードを生成する場合に codegen で使用する coder.FixptConfig 構成オブジェクトを作成します。

'single'

倍精度の MATLAB コードから単精度の MATLAB コードを生成する場合に codegen で使用する coder.SingleConfig 構成オブジェクトを作成します。

例: coder.config('fixpt');

データ型: char | string

trueEmbedded Coder なしで coder.EmbeddedCodeConfig 構成オブジェクトを作成します。ただし、coder.EmbeddedCodeConfig オブジェクトを使用したコード生成には Embedded Coder 製品が必要です。build_type'lib''dll'、または 'exe' でなければなりません。
falseEmbedded Coder 製品がインストールされている場合でも coder.CodeConfig 構成オブジェクトを作成します。build_type'lib''dll'、または 'exe' でなければなりません。

例: coder.config('lib','ecoder',false);

データ型: logical

出力引数

すべて折りたたむ

MATLAB Coder™ コード生成構成オブジェクトのハンドル。

代替方法

関数 coder を使用して MATLAB Coder アプリを開き、MATLAB Coder プロジェクトを作成します。このアプリは、MATLAB ファイルの追加、入力パラメーターの定義およびビルド パラメーターの指定を行うためのユーザー インターフェイスを提供します。

R2011a で導入