Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

固定小数点の変換

浮動小数点から固定小数点への変換、固定小数点データ型の最適化 (Fixed-Point Designer™ が必要)

クラス

coder.FixptConfig浮動小数点から固定小数点への変換構成オブジェクト

関数

coderMATLAB Coder アプリを開く
codegenMATLAB コードから C/C++ コードを生成する
coder.configMATLAB Coder コード生成構成オブジェクトを作成する
coder.approximation関数置換構成オブジェクトの作成

例および操作のヒント

自動変換 — アプリ ワークフロー

MATLAB コードの固定小数点 C コードへの変換

浮動小数点 MATLAB® コードから固定小数点 C コードを生成します。

シミュレーション範囲に基づく固定小数点データ型の推奨

MATLAB Coder™ アプリを使用してシミュレーション範囲に基づいた固定小数点データ型を推奨します。

派生した範囲に基づく固定小数点データ型の推奨

MATLAB Coder アプリを使用して静的範囲に基づいて固定小数点データ型を推奨します。

変数情報の表示と変更

固定小数点変換の変数情報を表示および変更します。

[型の推奨] オプションの指定

固定小数点の自動変換の型を推奨する際に使用するオプションを指定します。

オーバーフローの検出

アプリを使用してオーバーフローを検出します。

関数 exp からルックアップ テーブルへの置き換え

MATLAB Coder アプリを使用して生成される固定小数点コード内で関数をルックアップ テーブルの近似に置き換えます。

カスタム関数からルックアップ テーブルへの置き換え

MATLAB Coder アプリを使用して、カスタム関数をルックアップ テーブルの近似関数に置き換えます。

シミュレーション データ インスペクターによるプロット作成の有効化

記録された浮動小数点と固定小数点の入力データと出力データを比較検査します。

浮動小数点と固定小数点の結果の差の可視化

カスタムのプロット関数を使用して、生成された固定小数点コードの動作を元の浮動小数点の MATLAB コードの動作と比較します。

デッド コードおよび定数が畳み込まれたコードの検出

テスト ファイルのシミュレーション中に、アプリがデッド コードまたは定数が畳み込まれたコードを検出する方法を学習する。

固定小数点変換プロジェクトの MATLAB スクリプトへの変換

固定小数点の変換用のプロジェクトの設定をコマンド ラインで使用します。

自動変換 — プログラムによるワークフロー

MATLAB コードの固定小数点 C コードへの変換

codegen を使用して固定小数点 C コードを生成します。

シミュレーション範囲に基づく固定小数点データ型の推奨

関数 codegen を使用してシミュレーション範囲に基づいた固定小数点データ型を推奨します。

派生した範囲に基づく固定小数点データ型の推奨

関数 codegen を使用して静的範囲に基づく固定小数点データ型を推奨します。

オーバーフローの検出

コマンド ラインでオーバーフローを検出します。

関数 exp からルックアップ テーブルへの置き換え

関数 codegen を使用して生成される固定小数点コード内で関数をルックアップ テーブルの近似に置き換えます。

カスタム関数からルックアップ テーブルへの置き換え

関数 codegen を使用して、カスタム関数をルックアップ テーブルの近似関数に置き換えます。

シミュレーション データ インスペクターによるプロット作成の有効化

記録された浮動小数点と固定小数点の入力データと出力データを比較検査します。

浮動小数点と固定小数点の結果の差の可視化

カスタムのプロット関数を使用して、生成された固定小数点コードの動作を元の浮動小数点の MATLAB コードの動作と比較します。

概念

固定小数点の自動変換

固定小数点の自動変換用に固定小数点コンバーター アプリを使用します。

固定小数点の自動変換でサポートされる MATLAB 言語機能

固定小数点の自動変換に、サポートされる MATLAB 言語機能を使用します。

固定小数点の自動変換のベスト プラクティス

ベスト プラクティスに基づいて固定小数点コードを生成します。

生成された固定小数点コード

生成された固定小数点コードに関する問題を回避します。

MATLAB クラスの固定小数点コード

MATLAB クラスの固定小数点の変換で、サポートされる構造とコーディング スタイルのベスト プラクティスを使用します。

ルックアップ テーブルの近似を使用した関数の置き換え

カスタム関数または固定小数点でサポートされない関数を置き換えるルックアップ テーブルの近似を生成します。

カスタムのプロット関数

固定小数点の変換中に数値的な差を可視化します。

生成されたコードのデータ型の問題

レポートで潜在的なデータ型の問題を強調表示します。