最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB アルゴリズムの高速化

生成された MEX 関数を使用した高速化

MEX 関数を生成して、MATLAB® コードの計算量の多い部分を高速化します。最良の結果を得るには、ベスト プラクティスに従い、最適化手法を使用してください。

関数

codegenMATLAB コードから C/C++ コードを生成する

トピック

MATLAB アルゴリズムを高速化するためのワークフロー

MATLAB アルゴリズムを高速化するためのワークフローに従います。

MATLAB アルゴリズムの高速化

MEX 関数を生成して MATLAB アルゴリズムを高速化します。

MATLAB Coder アプリを使用した MEX 関数の生成

MATLAB Coder™ アプリを使用して MEX 関数を生成するワークフローに従います。

コマンド ラインでの MEX 関数の生成

codegen を使用して MEX 関数を生成するワークフローに従います。

MATLAB アルゴリズムを高速化するために MEX 関数を使用する際のベスト プラクティス

MATLAB アルゴリズムを高速化するために MEX 関数を使用する際のベスト プラクティスを確認します。

MATLAB プロファイラーを使用した MEX 関数のプロファイリング

生成された MEX 関数の実行時間とコード カバレッジを MATLAB プロファイラーで確認する。

実行時チェックの制御

実行時チェックを無効にしてパフォーマンスを改善します。

最適化手法

生成されたコードの実行速度またはメモリ使用量を最適化します。

生成されたコードを使用した MATLAB Compiler で配布されるアプリケーションの高速化

MATLAB Coder を使用して、MATLAB Compiler™ で配布するアプリケーションで使用されるアルゴリズムを高速化します。

注目の例