最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

パフォーマンス

コード生成時間の短縮、実行速度の改善、生成されたコードのメモリ使用量の削減

パフォーマンスの対象には、コード生成に要する時間、生成されたコードの実行速度、メモリ使用量が含まれます。最適なパフォーマンスを実現するための MATLAB® コードとコード生成設定の調整は、目的やアプリケーションによって異なります。特定の条件に合わせたコードの最適化方法の詳細については、最適化手法を参照してください。