Main Content

メモリ使用量

生成した C/C++ コードが使用する RAM、ROM およびスタック領域の削減

生成されたコードでのメモリ使用量を削減するための、MATLAB® コードの変更方法を決定します。関数を呼び出すとき、入力と出力で同じ変数を使用することで、データの渡し方を制御します。参照渡しによって、生成されたコードで使用されるメモリが削減されます。スタック領域の使用量に対して制限を設定し、動的メモリ割り当てを使用するタイミングを指定することで、メモリの割り当て方法を制御します。追加のコードを生成する機能 (整数オーバーフローのサポートなど) を無効にすることで、コードのサイズを最小化します。

特定の条件に合わせたコードの最適化方法の詳細については、最適化手法を参照してください。

関数

coder.inline生成されたコードで特定の関数のインライン化を制御
coder.const生成コードでの定数への式の畳み込み
coder.ceval外部 C/C++ 関数の呼び出し

クラス

coder.Constantコード生成用の定数値の指定
coder.ExternalDependency外部コードへのインターフェイス

トピック

生成コードの最適化

条件付きステートメント

関数呼び出し

配列

数値的なエッジ ケース

カスタム コードの統合