最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コード生成時間

コード生成時間の削減

コード生成にかかる時間が非常に長い場合、いくつかの選択肢があります。コード生成時間を短縮する設定を選択できます。コードをモジュール化して小さいセグメントでコード生成を行うことが可能です。これらの戦略によって、MATLAB® のコード開発とコード生成の間の反復時間を短縮できます。

特定の条件に合わせたコードの最適化方法の詳細については、最適化手法を参照してください。

関数

coder.ceval外部 C/C++ 関数の呼び出し

トピック

JIT コンパイルを使用した MEX 生成速度の高速化

MATLAB コードの抽象表現を含む MEX 関数を生成します。

コードのみの生成によるコンパイルの高速化

オブジェクト コードを作成することなく C ソース コードを生成します。

コード生成レポートの作成の無効化

コード生成を迅速に行う場合は、コード生成レポートを作成しないでください。

MATLAB コードのモジュール化

MATLAB コードをモジュール化することで、コードの生成を合理化します。

外部関数呼び出しでの coder.const の使用

定数畳み込みのコード生成時間を削減する。定数畳み込みを強制的に実行する。

トラブルシューティング

JIT MEX 非互換性の警告

JIT MEX の非互換性をトラブルシューティングします。

JIT コンパイルが OpenMP をサポートしない

JIT MEX と OpenMP の非互換性のトラブルシューティング。