Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

target.create

ターゲット機能オブジェクトの作成

説明

targetFeatureObject = target.create(targetFeatureClass) は指定されたクラスのオブジェクトを作成して返します。

targetFeatureObject = target.create(targetFeatureClass,Name,Value) は 1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用してオブジェクトを設定します。

新しいハードウェア実行の作成

この関数を使用するワークフローの例については、次を参照してください。

入力引数

すべて折りたたむ

オブジェクトのクラスを指定します。たとえば、次のようになります。

  • 'Processor' を指定すると、target.Processor オブジェクトが作成されます。

  • 'LanguageImplementation' を指定すると、target.LanguageImplementation オブジェクトが作成されます。

  • 'Alias' を指定すると、target.Alias オブジェクトが作成されます。

サポートされるすべてのクラスのリストについては、target を参照してください。

例: 'Processor'

名前と値のペアの引数

オプションのコンマ区切りされた Name,Value の引数ペアを指定します。ここで、Name は引数名、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: myLangImp = target.create('LanguageImplementation', 'Name', 'myLanguageImplementation', 'Copy', 'ARM Compatible-ARM Cortex');例: myProc = target.create('Processor', 'Name', 'myProcessor', 'Manufacturer', 'myProcessorManufacturer');

既存のターゲット機能オブジェクトから値をコピーしてターゲット機能オブジェクトを作成します。

指定した値に設定されたプロパティでターゲット機能オブジェクトを作成します。

出力引数

すべて折りたたむ

返されるオブジェクトは次のとおりです。

  • targetFeatureClass'Processor' の場合は target.Processor オブジェクト

  • targetFeatureClass'LanguageImplementation' の場合は target.LanguageImplementation オブジェクト

  • targetFeatureClass'Alias' の場合は target.Alias オブジェクト

R2019a で導入