Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

target パッケージ

ターゲット ハードウェア情報の管理

説明

これらのクラスを使用して、ターゲット ハードウェア情報を管理します。たとえば、コード生成用に新しいターゲット ハードウェアを登録するか、エクスターナル モードおよびプロセッサインザループ (PIL) シミュレーション用にターゲット接続性を設定します。

クラス

target.Aliasターゲット オブジェクトの代替識別子を作成
target.LanguageImplementationC および C++ コンパイラの実装の詳細を提供
target.Objectターゲット タイプの基底クラス
target.Processorターゲット プロセッサ情報の提供

関数

target.addターゲット オブジェクトを内部データベースに追加
target.createターゲット オブジェクトを作成
target.exportターゲット オブジェクトのデータをエクスポート
target.getターゲット オブジェクトを内部データベースから取得
target.remove内部データベースからのターゲット オブジェクトの削除
target.upgradeハードウェア デバイスの既存の定義のアップグレード

バージョン履歴

R2019a で導入