Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

target.Alias クラス

パッケージ: target

ターゲット機能オブジェクトの代替識別子の作成

説明

ターゲット機能オブジェクトの代替の識別子を作成するには、target.Alias クラスを使用します。たとえば、ターゲット機能オブジェクトのクラス識別子が長い場合、ターゲット機能オブジェクトの短い識別子を提供する target.Alias オブジェクトを作成できます。

target.Alias オブジェクトの作成には関数 target.create を使用します。

プロパティ

すべて展開する

ターゲット機能オブジェクトの代替識別子。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

元のターゲット機能オブジェクト。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

ターゲット機能オブジェクトの短い識別子の作成

このクラスを使用する例については、ターゲット機能オブジェクトの代替識別子の作成を参照してください。

R2019a で導入