最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

target.add

MATLAB メモリへのターゲット機能オブジェクトの追加

説明

target.add(targetFeatureObject) は指定されたターゲット機能オブジェクトを MATLAB® メモリに追加します。既定では、ターゲット データは現在の MATLAB セッションでのみ使用できます。

target.add(targetFeatureObject, 'UserInstall', dataPersistence) は MATLAB セッションでターゲット データの持続性を制御します。

入力引数

すべて折りたたむ

MATLAB メモリに追加するターゲット機能オブジェクトを指定します。

例: target.add(myTargetFeatureObject);

MATLAB メモリでターゲット データの持続性を制御します。

  • true –– ターゲット データは複数の MATLAB セッションにわたり持続します。

  • false –– ターゲット データは現在の MATLAB セッションでのみ使用できます。

例: target.add(myTargetFeatureObject, 'UserInstall', true);

データ型: logical

R2019a で導入