Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

target.get

MATLAB メモリからのターゲット機能オブジェクトの取得

説明

targetFeatureObject = target.get(targetFeatureClass, targetFeatureObjectId) は MATLAB® メモリからターゲット機能オブジェクトを取得します。

tFOList = target.get(targetFeatureClass) は、MATLAB メモリに保存されている targetFeatureClass オブジェクトのリストを返します。

tFOList = target.get(targetFeatureClass, Name, Value) は、名前と値のペアに一致するプロパティをもつ targetFeatureClass オブジェクトのリストを返します。

すべて折りたたむ

この例では、オブジェクト識別子 myLanguageImplementationID に関連付けられた target.LanguageImplementation オブジェクトを削除する方法を示します。

MATLAB メモリからオブジェクトを取得します。

objectToRemove = target.get('LanguageImplementation', myLanguageImplementationID);

オブジェクトを削除します。

target.remove(objectToRemove);

この例では、プロセッサの属性に関する記述を MATLAB に提供する target.Board オブジェクトの作成方法を示します。 target.get を使用して、サポートされるプロセッサの記述を取得します。

ボード オブジェクトを作成します。

hostTarget = target.create('Board', 'Name', 'Host Intel processor');

サポートされるプロセッサを再利用することで、ボードのプロセッサを指定します。

hostTarget.Processors = target.get('Processor', ...
                                   'Intel-x86-64 (Linux 64)'); 

入力引数

すべて折りたたむ

取得するオブジェクトのクラスを指定します。たとえば、次のように取得します。

  • target.Processor オブジェクトの場合、'Processor' を指定します。

  • target.LanguageImplementation オブジェクトの場合、'LanguageImplementation' を指定します。

サポートされるクラスのリストについては、target Package を参照してください。

取得するオブジェクトの一意の識別子、つまり、オブジェクトの Id プロパティ値を指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

取得したターゲット機能オブジェクト。以下に例を示します。

  • targetFeatureClass'Processor' の場合、返されるオブジェクトは target.Processor オブジェクトです。

  • targetFeatureClass'LanguageImplementation' の場合、返されるオブジェクトは target.LanguageImplementation オブジェクトです。

サポートされるクラスのリストについては、target Package を参照してください。

取得したターゲット機能オブジェクトのリスト。

R2019a で導入