最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

target.export

ターゲット機能のデータのエクスポート

説明

target.export(targetFeatureObject) は、指定されたターゲット機能のデータを MATLAB® 関数 registerTargets.m にエクスポートします。生成されたファイルを使用して、セッションとコンピューターの間でターゲット機能のデータを共有します。registerTargets.m を実行するときに、ターゲット機能オブジェクトが再作成され、そのオブジェクトが MATLAB メモリに追加されます。

target.export(targetFeatureObject,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用して、指定されたターゲット機能のデータをエクスポートします。

ハードウェア デバイス データの共有

この関数を使用するワークフロー例については、ハードウェア デバイス データのエクスポートを参照してください。

入力引数

すべて折りたたむ

エクスポートするターゲット機能オブジェクトを指定します。

例: target.export(myTargetFeatureObject);

名前と値のペアの引数

オプションのコンマ区切りされた Name,Value の引数ペアを指定します。ここで、Name は引数名、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペア引数を任意の順序で指定できます。

例: target.export(myTargetFeatureObject,'FileName', 'exportMyTargetFeatureFn');

エクスポートされたターゲット機能のデータが格納される MATLAB 関数ファイルの名前を指定します。

  • true –– MATLAB 関数ファイルが存在する場合、それを上書きします。

  • false –– MATLAB 関数ファイルが存在する場合、エラーを生成します。ファイルは上書きされません。

R2019b で導入