最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

coder.hardware

MATLAB コードから C/C++ コード生成用ハードウェア ボード構成オブジェクトを作成します。

説明

関数 coder.hardware は、MATLAB® コードからの C/C++ コード生成用ハードウェア ボード パラメーターを含む coder.Hardware オブジェクトを作成します。

コード生成に coder.Hardware オブジェクトを使用するには、そのオブジェクトを、codegen に渡した coder.CodeConfig オブジェクトまたは coder.EmbeddedCodeConfig オブジェクトの Hardware プロパティに割り当てます。coder.Hardware オブジェクトを Hardware プロパティに割り当てると、特定のハードウェア ボード用に関連の coder.HardwareImplementation オブジェクトと他のコンフィギュレーション パラメーターがカスタマイズされます。

作成

説明

coder.hardware(boardname) は指定されたハードウェア ボードの coder.Hardware オブジェクトを作成します。このボードは、インストールされたサポート パッケージでサポートされていなければなりません。使用可能なすべてのボードを表示するには、入力パラメーターを指定せずに coder.hardware を呼び出します。

coder.hardware() は、インストールされたサポート パッケージでサポートされるボードの名前の cell 配列を返します。

入力引数

すべて展開する

ハードウェア ボード名。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

例: 'Raspberry Pi'

例: "Raspberry Pi"

プロパティ

すべて展開する

ハードウェア ボードの名前。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。関数 coder.hardware は、引数 boardname を使用してこのプロパティを設定します。

ハードウェア ボードのクロック レート。double スカラーとして指定します。

すべて折りたたむ

Raspberry Pi ボード用にコード生成を構成し、関数 foo のコードを生成します。

hwlist = coder.hardware();
if ismember('Raspberry Pi',hwlist)
    hw = coder.hardware('Raspberry Pi');
    cfg = coder.config('lib');
    cfg.Hardware = hw;
    codegen foo -config cfg -report
end

ハードウェア ボード用の coder.Hardware オブジェクトを作成する前に、ボードがインストールされているサポート パッケージでサポートされているかチェックします。

サポート パッケージがインストールされているすべてのボードをリストします。

hwlist = coder.hardware()

特定のボードにインストールされているサポート パッケージをテストします。

hwlist = coder.hardware();
if ismember('Raspberry Pi',hwlist)
    hw = coder.hardware('Raspberry Pi');
end

ヒント

  • Name プロパティと CPUClockRate プロパティに加え、coder.Hardware オブジェクトには、ハードウェア ボードに固有の動的なプロパティがあります。

  • サポートされるハードウェア ボードでのプロセッサインザループ (IPL) 実行用にコード生成パラメーターを構成するには、coder.hardware を使用します。PIL Execution with ARM Cortex-A at the Command Line (Embedded Coder)とPIL Execution with ARM Cortex-A by Using the MATLAB Coder App (Embedded Coder)を参照してください。PIL の実行には、Embedded Coder® が必要です。

R2015b で導入