Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

展開の基礎

生成されたコードを展開するための基本的なワークフローと要件の理解

バイナリおよび実行可能ファイルはアプリまたはコマンド ラインから作成できます。実行可能ファイルまたはバイナリをアプリケーションに組み込むための main 関数の例を含む展開可能なコードを生成します。初期化とクリーンアップに使用できるサポート関数も生成されます。パッケージ化されたコードに統合する配列の種類に応じて、以下の該当するページを参照してください。

関数

coder.ceval外部 C/C++ 関数の呼び出し
coder.cinclude生成コードにヘッダー ファイルをインクルードする
packNGo移動するために生成コードを ZIP ファイルにパッケージ化

オブジェクト

coder.HardwareImplementationMATLAB コードから C/C++ コードを生成するためのハードウェア固有の構成パラメーター
coder.hardwareMATLAB コードから C/C++ コード生成用ハードウェア ボード構成オブジェクトを作成します。

トピック

展開の基礎

main の例

生成されたコードの使用