最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

配布の基礎

生成されたコードを配布するための基本的なワークフローと要件の理解

関数

coder.ceval外部 C/C++ 関数の呼び出し
coder.cinclude生成コードにヘッダー ファイルをインクルードする
packNGo移動するために生成コードを zip ファイルにパッケージ化

オブジェクト

coder.HardwareImplementationMATLAB コードから C/C++ コードを生成するためのハードウェア固有の構成パラメーター
coder.hardwareMATLAB コードから C/C++ コード生成用ハードウェア ボード構成オブジェクトを作成します。

トピック

配布の基礎

生成コードの配布

生成されたコードから実行バイナリを作成する際の基本的な考慮事項。

MATLAB コードからのスタンドアロン C/C++ 実行可能ファイルの生成

C/C++ 実行可能ファイルをコマンド ラインまたは MATLAB® Coder™ アプリで生成します。

main の例

main 関数の例を使用した生成コードの組み込み

MATLAB Coder は、生成された C コードのアプリケーションへの組み込みに役立つ main 関数の例を生成します。

生成された C/C++ main 関数の例の構造

生成された main 関数の例の各部分を確認して、アプリケーション用に main の例を変更できるようにします。

生成されたコードの使用

生成された初期化関数と終了関数の使用

サポート関数を使用して、初期化操作とクリーンアップ操作を実行する。

生成された関数インターフェイスでの C 配列の使用

生成された関数インターフェイスから配列を理解して使用する

他の開発環境向けのコードのパッケージ化

移動先で標準の zip ユーティリティを使って解凍することができるように、生成されたファイルを圧縮ファイルにパッケージ化します。

注目の例