Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

カスタム ツールチェーンの登録

実行可能ファイルとライブラリを作成するためのサードパーティ ソフトウェア ビルド ツールチェーンの登録と使い方

ツールチェーンは、ソース コードをスタティックまたはダイナミック ライブラリまたは実行可能ファイルなどのバイナリ アーティファクトに変換するビルド ツール (ビルド アプリケーション、コンパイラ、リンカー、アーカイバー) のセットを参照します。たとえば、Linux で、gmake を使用して C ファイルのツールチェーンを呼び出し、ツールチェーン情報を makefile に設定します。C/C++ コード生成では、変更してツールチェーン定義ファイル (M ファイル) から読み込む MATLAB® オブジェクトでツールチェーンを形式的に定義します。ビルド プロセスに強力なカスタマイズを行う場合、独自のツールチェーン定義ファイルを作成して使用します。

MATLAB Coder™ ツールチェーン インフラストラクチャは coder.make.ToolchainInfo と呼ばれるクラスに基づいています。オブジェクトのインスタンス化では、オブジェクトのプロパティにはビルド ツールへのパス、ビルド ツールを呼び出すコマンドの構文およびコマンドを追加するフラグなどの形式的なツールチェーン情報が格納されます。特定の coder.make.ToolchainInfo メソッドにより、ツールチェーン オブジェクト プロパティへのアクセスと変更が可能です。コード ジェネレーターは、完成したオブジェクト定義を使用して、ツールチェーンの makefile を作成し呼び出します。

コード生成インフラストラクチャでは、ツールチェーン定義ファイルからツールチェーン オブジェクトを作成すると、それを保存してコード生成のためにオブジェクトを登録します。オブジェクト名をコード生成構成オブジェクトの Toolchain プロパティに登録します。完全なデモについては、使用例を参照してください。

クラス

coder.make.BuildConfigurationビルド構成を表す
coder.make.BuildItemビルド アイテムを表す
coder.make.BuildToolビルド ツールを表す
coder.make.ToolchainInfoカスタム ツールチェーンを表す

トピック

カスタム ツールチェーンの登録の基礎

一般的なワークフロー

トラブルシューティング