Main Content

RTW.BuildInfo

生成されたコードのコンパイルとリンクに関する情報を提供する

説明

RTW.BuildInfo オブジェクトには、生成されたコードのコンパイルとリンクに関する情報が格納されます。

作成

説明

buildInformation = RTW.BuildInfo はビルド情報オブジェクトを返します。このオブジェクトを使用して、生成されたコードのコンパイルとリンクに関する情報を指定できます。次に例を示します。

  • コンパイラ オプション

  • プリプロセッサ識別子の定義

  • リンカー オプション

  • ソース ファイルとパス

  • インクルード ファイルとパス

  • プリコンパイル済みの外部ライブラリ

プロパティ

すべて展開する

生成されたコード コンポーネントの名前。

オブジェクト関数

addCompileFlagsAdd compiler options to build information
addDefinesAdd preprocessor macro definitions to build information
addIncludeFilesAdd include files to build information
addIncludePathsAdd include paths to build information
addLinkFlagsAdd link options to build information
addLinkObjectsAdd link objects to build information
addNonBuildFilesAdd nonbuild-related files to build information
addSourceFilesAdd source files to build information
addSourcePathsAdd source paths to build information
addTMFTokensAdd template makefile (TMF) tokens to build information
findBuildArgFind a specific build argument in build information
findIncludeFilesFind and add include (header) files to build information
getBuildArgsGet build arguments from build information
getCompileFlagsGet compiler options from build information
getDefinesGet preprocessor macro definitions from build information
getFullFileListGet list of files from build information
getIncludeFilesGet include files from build information
getIncludePathsGet include paths from build information
getLinkFlagsGet link options from build information
getNonBuildFilesGet nonbuild-related files from build information
getSourceFilesGet source files from build information
getSourcePathsGet source paths from build information
removeSourceFilesRemove source files from build information object
setTargetProvidesMainDisable inclusion of code generator provided (generated or static) main.c source file during build
updateFilePathsAndExtensionsUpdate files in build information with missing paths and file extensions
updateFileSeparatorUpdate file separator character for file lists in build information

すべて折りたたむ

生成コードをビルドするときに、ビルド プロセスによって RTW.BuildInfo オブジェクトが buildInfo.mat ファイルに格納されます。このオブジェクトを取得するには、buildInfo.mat ファイルが含まれているコード生成フォルダーから次を実行します。

bi=load('buildInfo.mat');
bi.buildInfo
ans = 

  BuildInfo with properties:

          ComponentName: 'slexAircraftExample'
                 Viewer: []
                 Tokens: [27×1 RTW.BuildInfoKeyValuePair]
              BuildArgs: [13×1 RTW.BuildInfoKeyValuePair]
               MakeVars: []
               MakeArgs: ''
    TargetPreCompLibLoc: ''
        TargetLibSuffix: ''
              ModelRefs: []
                 SysLib: [1×1 RTW.BuildInfoModules]
                   Maps: [1×1 struct]
                LinkObj: []
                Options: [1×1 RTW.BuildInfoOptions]
                    Inc: [1×1 RTW.BuildInfoModules]
                    Src: [1×1 RTW.BuildInfoModules]
                  Other: [1×1 RTW.BuildInfoModules]
                   Path: []
               Settings: [1×1 RTW.BuildInfoSettings]
           DisplayLabel: 'Build Info'
                  Group: ''

オブジェクトにビルド情報が格納されます。

この例では、RTW.BuildInfo オブジェクトの作成方法とソース ファイルの登録方法を示します。

RTW.BuildInfo オブジェクトを作成します。

buildInfo = RTW.BuildInfo;

ソース ファイルを登録します。

buildInfo.ComponentName = 'foo1';
addSourceFiles(buildInfo, 'foo1.c');

ビルド メソッドを指定し、スタティック ライブラリを作成します。

tmf = fullfile(tmffolder, 'ert_vcx64.tmf');
buildResult1 = codebuild(pwd, buildInfo, tmf)

バージョン履歴

R2006a で導入