最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ビルド構成設定の共有

複数のプロジェクトまたはプロジェクトとコマンド ライン ワークフローの間でビルド構成設定を共有するには、コード生成構成オブジェクトへの設定のエクスポートおよび設定のインポートを行います。

この機能は MATLAB® Online™ ではサポートされていません。

設定のエクスポート

MATLAB Coder™ アプリを使用するかコマンド ラインで、プロジェクト ファイルの設定をコード構成オブジェクトにエクスポートできます。構成オブジェクトのタイプは、プロジェクト ファイルの設定によって決まります。

MATLAB Coder アプリのプロジェクト ファイルの設定コード構成オブジェクト

ビルド タイプが MEX である。

coder.MexCodeConfig

ビルド タイプがスタティック ライブラリ、ダイナミック リンク ライブラリ、または実行可能ファイルである。

以下のいずれかの条件に該当する。

  • Embedded Coder® を持っていない。

  • Embedded Coder を持っている。[すべての設定] タブの [Embedded Coder 機能の使用] を [No] に設定している。

coder.CodeConfig

ビルド タイプがスタティック ライブラリ、ダイナミック リンク ライブラリ、または実行可能ファイルである。

Embedded Coder を持っている。[すべての設定] タブの [Embedded Coder 機能の使用] を [Yes] に設定している。

coder.EmbeddedCodeConfig

その後、別のプロジェクトにこれらの設定をインポートするか、関数 codegen-config オプションと共に構成オブジェクトを使用して、コマンド ラインでコードを生成します。

MATLAB Coder アプリを使用した設定のエクスポート

MATLAB Coder アプリでは、次の手順に従います。

  1. [生成] ダイアログ ボックスを開くために、[コード生成] ページの [生成] 矢印 をクリックします。

  2. (要件に応じて) [ビルド タイプ][ソース コード][スタティック ライブラリ][ダイナミック ライブラリ] または [実行可能ファイル] に設定します。

  3. [詳細設定] をクリックします。

  4. [設定のインポート/エクスポート] をクリックします。

  5. [変数名] フィールドに構成オブジェクトの名前を指定します。

  6. [変数へのエクスポート] をクリックします。

    MATLAB Coder はプロジェクト設定情報を、ベース ワークスペース内の指定された名前の構成オブジェクトに保存します。

コマンド ラインによる設定のエクスポート

MATLAB コマンド ラインで、-toconfig オプションを coder コマンドとともに使用して、MATLAB Coder プロジェクト ファイルに格納されているコード構成設定をコード構成オブジェクトにエクスポートします。たとえば、以下のコマンドを実行すると、myProject.prj に対応するコード構成オブジェクト cfg が返されます。

cfg = coder('-toconfig','myProject.prj')

設定のインポート

ベース ワークスペース内のコード生成構成オブジェクトに保存されている設定をインポートするには、以下の手順に従います。

  1. [生成] ダイアログ ボックスを開くために、[コード生成] ページの [生成] 矢印 をクリックします。

  2. (要件に応じて) [ビルド タイプ][ソース コード][スタティック ライブラリ][ダイナミック ライブラリ] または [実行可能ファイル] に設定します。

  3. [詳細設定] をクリックします。

  4. [設定のインポート/エクスポート] をクリックします。

  5. [変数名] フィールドに構成オブジェクトの名前を指定します。

  6. [変数からのインポート] をクリックします。

参考

|

関連するトピック