最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

生成コードで使用されるデータ型の指定

MATLAB® Coder™ は、組み込みの C データ型または rtwtypes.h からの事前定義された型を生成されたコードで使用できます。既定では生成されたコードで変数が宣言されるときは、組み込みの C の型が使用されます。

生成されたコードで使用されるデータ型は、[プロジェクトの設定] ダイアログ ボックスまたはコマンド ラインで明示的に指定できます。

MATLAB Coder アプリを使用したデータ型の指定

  1. [生成] ダイアログ ボックスを開くために、[コード生成] ページの [生成] 矢印 をクリックします。

  2. (要件に応じて) [ビルド タイプ][ソース コード][スタティック ライブラリ][ダイナミック ライブラリ] または [実行可能ファイル] に設定します。

  3. [詳細設定] をクリックします。

  4. 組み込みの C の型を使用するには、[コード外観] タブで、[データ型の置換][生成されたコードで組み込みの C データ型を使用] に設定します。rtwtypes.h からの事前定義された型を使用するには、[データ型の置換][生成されたコードで MathWorks の typedef を使用] に設定します。

コマンド ラインでのデータ型の指定

  1. コード生成の構成オブジェクトを作成します。coder.config を、引数 'lib''dll' または 'exe' を (要件に応じて) 指定して使用します。次に例を示します。

    cfg = coder.config('lib');
  2. 組み込みの C の型を使用するには、DataTypeReplacement プロパティを 'CBuiltIn' に設定します。

    cfg.DataTypeReplacement = 'CBuiltIn';

    rtwtypes.h の事前定義された型を使用するには、DataTypeReplacement プロパティを 'CoderTypedefs' に設定します。