Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

パスとファイル構造の設定

コンパイル パスの検索順序

MATLAB® Coder™ は、まず "コード生成パス"、次に MATLAB パスを検索して、MATLAB 関数の呼び出しを解決します。コード生成パスには、現在のフォルダーとコード生成ライブラリが含まれています。既定では、関数が、MATLAB Coder によって外部関数であると判断されるか、明示的に外部関数として宣言されていない限り、MATLAB Coder はパス上で見つけた関数をコンパイルし、コードを生成しようとします。MATLAB Coder は外部関数をコンパイルせず、MATLAB に実行させるためにディスパッチします。コード生成における関数呼び出しの解決を参照してください。

カスタム コードを検索するフォルダーの指定

カスタム コード (ソース、ヘッダー、ライブラリ ファイルなど) を生成コードと統合するには、追加の検索用フォルダーを指定します。以下の表は、これらの検索パスを指定する方法を示します。パスに以下を含めないでください。

  • スペース (スペースを使用すると、オペレーティング システムの構成によっては、コード生成に失敗する可能性があります)

  • タブ

  • \$#*?

  • 非 7 ビット ASCII 文字 (日本語など)

追加フォルダーを指定する方法手順
MATLAB Coder アプリの使用
  1. [生成] ダイアログ ボックスを開くために、[コード生成] ページの [生成] 矢印 をクリックします。

  2. [詳細設定] をクリックします。

  3. [パス] タブの [検索パス] フィールドで、フォルダーを参照して検索パスに追加するか、絶対パスを入力します。検索パスにはスペースを含めないでください。

コマンド ラインの入力関数 codegen-I オプションを使用します。

命名規則

MATLAB Coder では、MATLAB 関数と生成ファイルの命名規則に従わなければなりません。

生成ファイルの命名規則

次の表は、MATLAB Coder による生成ファイルの命名方法を示します。MATLAB Coder は、MEX ファイルにプラットフォーム固有の拡張子を付けることで MATLAB 規則に従います。

プラットフォームMEX ファイルの拡張子MATLAB Coder スタティック ライブラリの拡張子MATLAB Coder 共有ライブラリの拡張子MATLAB Coder 実行可能ファイルの拡張子
Linux® (64 ビット).mexa64.a.soなし
Mac (64 ビット).mexmaci64.a.dylibなし
Windows® (64 ビット).mexw64.lib.dll
また、.dll に対するリンクの作成に必要な、.lib 拡張子をもつインポート ライブラリを生成します。
.exe

参考

関連するトピック