Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

コマンド ライン ワークフローで対話的に構成パラメーターを指定

コード生成構成オブジェクトをコマンド ラインで作成した後、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを使用してオブジェクトのプロパティを対話的に変更できます。

構成オブジェクトを使用してコード生成プロセスを構成する方法の詳細については、ビルド設定の構成を参照してください。

ダイアログ ボックスを使用した構成オブジェクトの作成と変更

  1. 構成オブジェクトの作成の説明に従って、構成オブジェクトを作成します。

    たとえば、MEX コードの生成用の coder.MexCodeConfig 構成オブジェクトを作成するには、以下のようにします。

    mexcfg = coder.config('mex');

  2. 次のいずれかの方法でプロパティ ダイアログ ボックスを開きます。

    • MATLAB® ワークスペースで、構成オブジェクト変数をダブルクリックします。

    • MATLAB コマンド プロンプトで、構成オブジェクト変数を渡して open コマンドを実行します。

      open mexcfg

  3. ダイアログ ボックスで、必要に応じて構成パラメーターを変更します。

ダイアログ ボックスの追加機能

構成パラメーターを対話形式で簡単に変更できるようにするために、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスには次の機能が用意されています。

  • 検索: 文字列を検索するときに、すべての設定カテゴリでフィルター処理された結果を表示できます。設定名、設定のオプション名、またはツールヒントに含まれる文字列を検索できます。

    Screen shot of sample search result in the configuration parameter dialog box.

  • 有用なツールヒント: 個々の設定のツールヒントには、対応する構成オブジェクトのプロパティ名、そのプロパティの [ヘルプ] リンク、そのプロパティを使用する際に必要な追加製品の名前が含まれます。プロパティが無効化されている場合、ツールヒントには、このプロパティを有効化するために設定しなければならない他のプロパティへのリンクも含まれます。ツールヒントで直接変更できます。

    Screen shot of a tooltip.

  • 値が既定でない設定: ダイアログ ボックスでは、値が既定でない設定は太字フォントで表示されます。こうした設定をリセットして既定値に戻すには、ツールヒントの [リセット] ボタンをクリックします。

  • [MISRA 準拠] ペイン: Embedded Coder® をご利用の場合は、[MISRA 準拠] ペインに、生成コードの MISRA® 準拠に影響を与える可能性がある設定が表示されます。これらすべての設定を推奨値に設定するには、[推奨値に設定する] をクリックします。

    Generate C/C++ Code with Improved MISRA Compliance (Embedded Coder)を参照してください。

  • 等価なスクリプトの生成: カテゴリのリストの下部にある [スクリプト] ボタンをクリックすることで、現在の設定を生成するコマンド ライン スクリプトを表示できます。[構成] ボタンをクリックすることで、スクリプト モードを対話モードに戻すことができます。

参考

| |

関連するトピック