最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コマンド ラインでのグローバル cell 配列の指定

グローバル cell 配列入力を指定するには、次の構文で codegen コマンドの -globals オプションを使用します。

codegen myfunction -globals {global_var, {type_object, initial_value}} 

以下に例を示します。

  • クラスが double の要素をもつ 1 行 3 列の cell 配列で初期値が {1 2 3} のグローバル変数 g を指定するには、次を使用します。

    codegen myfunction -globals {'g', {coder.typeof({1 1 1}), {1 2 3}}} 

    あるいは、次を使用します。

    t = coder.typeof({1 1 1});
    codegen myfunction -globals {'g', {t, {1 2 3}}}

    グローバル変数 g は 1 行 1 列の double の要素をもつ 1 行 3 列の同種 cell 配列です。

    g を異種混合にするには、次を使用します。

    t = makeHeterogeneous(coder.typeof({1 1 1}));
    codegen myfunction -globals {'g', {t, {1 2 3}}}

  • g は、最初の要素が char 型、2 番目の要素が double 型、初期値が {'a', 1} の cell 配列であることを指定するには、次を使用します。

    codegen myfunction -globals {'g', {coder.typeof({'a', 1}), {'a', 1}}}
    

    グローバル変数 g は最初の要素が 1 行 1 列の char、2 番目の要素が 1 行 1 列の double である 1 行 2 列の異種混合 cell 配列です。

  • g は、最初の要素が double 型、2 番目の要素が 1 行 2 列の double 配列、初期値が {1 [2 3]} の cell 配列であることを指定するには、次を指定します。

    codegen myfunction -globals {'g', {coder.typeof({1 [2 3]}), {1 [2 3]}}}
    

    あるいは、次を使用します。

    t = coder.typeof({1 [2 3]});
    codegen myfunction -globals {'g', {t, {1 [2 3]}}}
    

    グローバル変数 g は最初の要素が 1 行 1 列の double、2 番目の要素が 1 行 2 列の double である 1 行 2 列の異種混合 cell 配列です。

cell 配列であるグローバル変数は可変サイズをもつことはできません。

参考

|

関連するトピック