ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

imrotate3

3 次元ボリューム グレースケール イメージの回転

説明

B = imrotate3(V,angle,W) は、3 次元体積グレースケール イメージ V ("ボリューム" と呼ばれる) を、原点 [0 0 0] を通る軸に対して反時計回りに angle 度回転します。W は 3 次元空間での回転軸の方向を指定する 1 行 3 列のベクトルです。既定の設定では、imrotate3 は三次線形内挿を使用し、回転したボリュームの境界の外側にある B 内のボクセル値を 0 に設定します。

B = imrotate3(V,angle,W,method) は、method で内挿法を指定し、V を回転します。

B = imrotate3(V,angle,W,method,bbox) は、bbox で出力ボリュームのサイズを指定し、ボリューム V を回転します。'crop' が指定されると、imrotate3 は出力ボリュームのサイズを入力ボリュームと同じにします。'loose' が指定されると、imrotate3 は回転したボリューム全体が出力ボリュームに含まれるようにします。

B = imrotate3(___,Name,Value) は、幾何学的変換のさまざまな特性を制御する追加パラメーターを指定します。パラメーター名には省略形を使用できます。

すべて折りたたむ

3 次元ボリューム グレースケール イメージをワークスペースに読み込んで表示します。

s = load('mri');
mriVolume = squeeze(s.D);
volshow(mriVolume);

Z 軸に対してボリュームを 90 度回転します。

B = imrotate3(mriVolume,90,[0 0 1],'nearest','loose','FillValues',0);

回転した出力ボリュームを表示します。また、ボリュームをボリューム ビューアー アプリで調べることもできます。

volshow(B);

入力引数

すべて折りたたむ

回転するボリューム。3 次元ボリューム グレースケール イメージとして指定します。

imrotate3 では、入力ボリューム V が原点 [0 0 0] を中心とすると仮定しています。ボリュームの中心が原点でない場合は、imtranslate を使用してボリュームを [0 0 0] に平行移動してから imrotate3 を使用します。逆の平行移動ベクトルを使用すると、出力ボリューム B を元の位置まで平行移動できます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical

回転角度 (度単位)。数値スカラーとして指定します。ボリュームを時計回りに回転するには、angle に負の値を指定します。imrotate3 は、回転した 3 次元ボリューム全体が出力ボリューム B に含まれるようにします。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical

3 次元空間での回転軸の方向 (直交座標)。1 行 3 列の数値ベクトルとして指定します。

回転軸の方向を球面座標で指定する場合は、sph2cart を使用して直交座標に値を変換してから imrotate3 に渡します。

例: [ 0 0 1] は z 軸に対してボリュームを回転します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical

内挿法。次のいずれかの値に指定します。

メソッド説明
'cubic'

三重三次内挿

メモ

三重三次内挿は、元の範囲外のピクセル値を生成する可能性があります。

'linear'

三重線形内挿

'nearest'

最近傍点による内挿

データ型: char | string

出力ボリュームのサイズ。次のいずれかの値として指定します。

メソッド説明
'crop'

出力ボリュームと入力ボリュームのサイズが同じになるように、大きさに合わせて回転したボリュームを切り取ります。

'loose'

回転したボリューム全体が出力ボリュームに含まれます。通常、回転したボリュームは入力ボリュームより大きくなります。

データ型: char | string

名前と値のペアの引数

オプションの引数 Name,Value のコンマ区切りペアを指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を、任意の順番で指定できます。

例: B = imrotate3(V,angle,W,'nearest','loose','FillValues',5);

回転したボリュームの範囲の外側にある、出力ボリューム内のボクセルの塗りつぶしに使用する値。'FillValues' と数値スカラーで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical

出力引数

すべて折りたたむ

回転したボリューム。入力ボリュームと同じクラスの数値配列として返されます。

R2017a で導入