ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

missing

構文

m = missing

説明

m = missing は欠損値を返し、<missing> と表示します。配列または table の要素を missing に設定して、欠損データを表すことができます。その後、配列または table 変数のデータ型のネイティブな標準欠損値に missing 値が変換されます。たとえば、missing をサポートしている主要なデータ型と、それに対応する割り当て後の標準欠損値は以下のとおりです。

  • doublesingleduration および calendarDurationmissingNaN に変換

  • datetimemissingNaT に変換

  • categoricalmissing<undefined> に変換

  • stringmissing<missing> に変換

すべて折りたたむ

気象データが格納された timetable を作成し、最後の行を欠損値に置き換えます。各 missing 値は、関連するデータ型の標準欠損値に自動的に置き換えられます。

Time = datetime({'2015-12-18 08:03:05';'2015-12-18 10:03:17';'2015-12-18 12:03:13'});
Temp = [37.3;39.1;42.3];
WindDirection = categorical({'NW';'N';'NW'});
TT = timetable(Time,Temp,WindDirection)
TT=3×2 timetable
            Time            Temp    WindDirection
    ____________________    ____    _____________

    18-Dec-2015 08:03:05    37.3         NW      
    18-Dec-2015 10:03:17    39.1         N       
    18-Dec-2015 12:03:13    42.3         NW      

TT.Time(3) = missing;
TT.Temp(3) = missing;
TT.WindDirection(3) = missing;

TT
TT=3×2 timetable
            Time            Temp    WindDirection
    ____________________    ____    _____________

    18-Dec-2015 08:03:05    37.3     NW          
    18-Dec-2015 10:03:17    39.1     N           
    NaT                      NaN     <undefined> 

R2017a で導入