Main Content

anymissing

いずれかの配列要素が欠損しているかどうかの判別

説明

TF = anymissing(A) は、A の少なくとも 1 つの要素が欠損している場合に logical 1 (true) を返します。いずれの要素も欠損していない場合は 0 (false) を返します。

欠損値は、A のデータ型にしたがって定義されます。

  • NaNdoublesingleduration および calendarDuration

  • NaTdatetime

  • <missing>string

  • <undefined>categorical

  • {''} — 文字ベクトルの cell

A が table の場合、各列のデータ型がその列の欠損値を定義します。

標準欠損値の既定の定義をもたないデータ型の場合、anymissing は logical 0 (false) を返します。

すべて折りたたむ

double 型の行ベクトル A を作成します。A の少なくとも 1 つの要素が欠損しているかどうか、つまり、A に少なくとも 1 つの NaN 値が含まれているかどうかを判別します。

A = [3.14 NaN -2.718 1.414 0.5];
TF = anymissing(A)
TF = logical
   1

さまざまなデータ型の変数が存在するテーブルを作成します。

dblVar = [1; 2; 3; 4; 5; 6];
singleVar = single([1; 2; 3; 4; 5; 6]);
cellstrVar = {'one'; 'two'; ''; 'four'; 'five'; 'six'};
categoryVar = categorical({'red'; 'orange'; 'yellow'; ''; 'blue'; 'indigo'});
dateVar = [datetime(2015,1:6,15)]';
stringVar = ["a"; "b"; "c"; "d"; "e"; "f"];

A = table(dblVar,singleVar,cellstrVar,categoryVar,dateVar,stringVar)
A=6×6 table
    dblVar    singleVar    cellstrVar    categoryVar      dateVar      stringVar
    ______    _________    __________    ___________    ___________    _________

      1           1        {'one'   }    red            15-Jan-2015       "a"   
      2           2        {'two'   }    orange         15-Feb-2015       "b"   
      3           3        {0x0 char}    yellow         15-Mar-2015       "c"   
      4           4        {'four'  }    <undefined>    15-Apr-2015       "d"   
      5           5        {'five'  }    blue           15-May-2015       "e"   
      6           6        {'six'   }    indigo         15-Jun-2015       "f"   

table のいずれかの要素に欠損値があるかどうかを判別します。

A の少なくとも 1 つの要素が欠損しているため、anymissing は logical 1 を返します。ここで、cellstrVar の 3 番目の要素は '' であり、categoryVar の 4 番目の要素は欠損値である <undefined> です。

TF = anymissing(A)
TF = logical
   1

3 次元配列を作成し、その少なくとも 1 つの要素が欠損しているかどうかを判別します。

A(:,:,1) = [2 1; 3 5];
A(:,:,2) = [NaN 0; 0 NaN];
A(:,:,3) = [-2 9; 4 1]
A = 
A(:,:,1) =

     2     1
     3     5


A(:,:,2) =

   NaN     0
     0   NaN


A(:,:,3) =

    -2     9
     4     1

TF = anymissing(A)
TF = logical
   1

入力引数

すべて折りたたむ

入力データ。スカラー、ベクトル、行列、多次元配列、文字ベクトルの cell 配列、table、または timetable として指定します。

  • A が timetable の場合、anymissing は table データのみを処理し、行時間の NaT 値と NaN 値を無視します。

  • A が cell 配列の場合、anymissingA が文字ベクトルの cell 配列であるときにのみ、欠損要素を検出します。

例: ["a" "b" missing "d"]

データ型: double | single | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char | string | cell | table | timetable | categorical | datetime | duration | calendarDuration
複素数のサポート: あり

ヒント

  • 入力データが構造体配列、または文字ベクトル以外の cell 配列である場合、anymissingfalse を返します。構造体配列のいずれかの要素が欠損しているかどうかを判別するには、関数 structfun を使用して、構造体の各フィールドに anymissing を適用します。文字ベクトル以外の cell 配列のいずれかの要素が欠損しているかどうかを判別するには、関数 cellfun を使用して、cell 配列の各 cell に anymissing を適用します。

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

バージョン履歴

R2022a で導入

すべて展開する