ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

rmmissing

欠損エントリを削除

構文

R = rmmissing(A)
R = rmmissing(A,dim)
R = rmmissing(___,Name,Value)
[R,TF] = rmmissing(___)

説明

R = rmmissing(A) は、欠損エントリを配列または table から削除します。A がベクトルの場合、rmmissing は欠損データを含むすべてのエントリを削除します。A が行列または table の場合、rmmissing は欠損データを含むすべての行を削除します。欠損値は、A のデータ型にしたがって定義されます。

  • NaNdoublesingleduration および calendarDuration

  • NaTdatetime

  • <missing>string

  • <undefined>categorical

  • ' 'char

  • {''} — 文字配列の cell

R = rmmissing(A,dim) は、動作する対象の A の次元を指定します。既定では、rmmissing はサイズが 1 に等しくない最初の次元に沿って動作します。

R = rmmissing(___,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用して、欠損エントリを削除するための追加のパラメーターを指定します。たとえば、rmmissing('MinNumMissing',n) を使用して、少なくとも n 個の欠損値を含む行を削除できます。

[R,TF] = rmmissing(___) は、A の削除された行または列に対応する logical ベクトルも返します。

すべて折りたたむ

NaN 値をもつベクトルを作成し、各 NaN を削除します。

A = [1 3 NaN 6 NaN];
R = rmmissing(A)
R = 1×3

     1     3     6

複数のデータ型をもつ table から不完全な行を削除します。

まず、categoricaldouble および char のデータ型を含む複数の変数をもつ table を作成します。

A = table(categorical({'';'F';'M'}),[45;32;NaN],{'';'CA';'MA'},[6051;7234;NaN],...
    'VariableNames',{'Gender' 'Age' 'State' 'ID'})
A=3×4 table
      Gender       Age    State     ID 
    ___________    ___    _____    ____

    <undefined>     45    ''       6051
    F               32    'CA'     7234
    M              NaN    'MA'      NaN

table から欠損データを含むすべての行を削除します。

R = rmmissing(A)
R=1×4 table
    Gender    Age    State     ID 
    ______    ___    _____    ____

      F       32     'CA'     7234

table 変数 Age または ID から欠損値がある行だけを削除します。

R = rmmissing(A,'DataVariables',{'Age','ID'})
R=2×4 table
      Gender       Age    State     ID 
    ___________    ___    _____    ____

    <undefined>    45     ''       6051
    F              32     'CA'     7234

あるいは、関数 isnumeric を使用して、動作対象の数値変数を識別します。

R = rmmissing(A,'DataVariables',@isnumeric)
R=2×4 table
      Gender       Age    State     ID 
    ___________    ___    _____    ____

    <undefined>    45     ''       6051
    F              32     'CA'     7234

欠損データをもつ行列を作成し、2 つ以上の欠損値がある列 (2 番目の次元) をすべて削除します。新しい行列と、A の削除された列を示す論理行ベクトルを返します。

A = [NaN NaN 5 3 NaN 5 7 NaN 9 2;
     8 9 NaN 1 4 5 6 5 NaN 5;
     NaN 4 9 8 7 2 4 1 NaN 3]
A = 3×10

   NaN   NaN     5     3   NaN     5     7   NaN     9     2
     8     9   NaN     1     4     5     6     5   NaN     5
   NaN     4     9     8     7     2     4     1   NaN     3

[R,TF] = rmmissing(A,2,'MinNumMissing',2)
R = 3×8

   NaN     5     3   NaN     5     7   NaN     2
     9   NaN     1     4     5     6     5     5
     4     9     8     7     2     4     1     3

TF = 1x10 logical array

   1   0   0   0   0   0   0   0   1   0

入力引数

すべて折りたたむ

入力データ。ベクトル、行列、table または timetable として指定します。Atimetable の場合、rmmissing(A)A の欠損データを含む行をすべて削除し、対応する時間ベクトル要素も削除します。時間ベクトルに NaT または NaN が含まれる場合、rmmissing(A) はそれを時間ベクトルから削除し、A の対応する行も削除します。

データ型: double | single | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char | string | cell | table | timetable | categorical | datetime | duration | calendarDuration

演算の対象の次元。1 または 2 を指定します。既定では、rmmissing はサイズが 1 に等しくない最初の次元に沿って動作します。

2 次元の入力配列 A について考えます。

  • dim=1 の場合、rmmissingA の行を削除します。

  • dim=2 の場合、rmmissingA の列を削除します。

データ型: double | single | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: rmmissing(A,'DataVariables',{'Temperature','Altitude'}) は、A の行のうち変数 Temperature または Altitude に欠損データが含まれるものを削除します。

行または列を削除するために必要な欠損エントリの最小数。'MinNumMissing' と非負のスカラー (既定は 1) で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

例: 'MinNumMissing',6

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

table 変数。'DataVariables' と、変数名、変数名の cell 配列、数値ベクトル、論理ベクトルまたは関数ハンドルのいずれかで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。A の行に対して動作する場合、rmmissing は指定された変数に対応する列内で欠損データを含むすべての行を削除します。A の列に対して動作する場合、rmmissing は指定された変数を table から削除します。'DataVariables' の値は、以下のいずれかです。

  • 単一の table 変数名を指定する文字ベクトル

  • 各要素が table 変数名である文字ベクトルの cell 配列

  • table 変数インデックスのベクトル

  • 各要素が table 変数に対応する論理ベクトル。true の場合は対応する変数を含めて、false の場合は対応する変数を除外します。

  • @isnumeric などの論理スカラーを返す関数ハンドル

例: 'Age'

例: {'Height','Weight'}

例: @iscategorical

データ型: char | cell | single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | function_handle

出力引数

すべて折りたたむ

欠損エントリが削除されたデータ。ベクトル、行列、table または timetable として返されます。R のサイズは削除された行または列の数に依存します。

データ型: double | single | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char | string | cell | table | timetable | categorical | datetime | duration | calendarDuration

削除されたエントリのインジケーター。論理ベクトルとして返されます。値 1 (true) は R の削除された行または列に対応します。値 0 (false) は変更されていない行または列に対応します。TF の向きとサイズは、A および動作対象の次元に依存します。

データ型: logical

拡張機能

R2016b で導入